闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取立て・勧誘など)

最終更新日:

闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取立て・勧誘など)

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 天秤この記事の監修者
  • Duelパートナー法律事務所 代表

    正野嘉人弁護士

  • 正野嘉人1

闇金の電話を無視するのは危険?

 

この記事は、闇金からの電話を無視したり着信拒否にしてしまいたいという方に向けて書かれたものです。

 

そして、闇金からの電話は以下の3点のどれかになります。

 

  • 勧誘電話
  • キャンセル料請求
  • 取り立ての電話

 

それぞれに適切な対処方法や、場合によってはリスクがあります。

 

当記事をしっかりと読んで参考にしてくださいね。

 

天秤この記事の監修者

正野嘉人2

Duelパートナー法律事務所 代表

正野嘉人弁護士

1997年から22年間、闇金業者の殴る蹴るが当たり前の時代から闇金問題を解決してきた弁護士さんです。2019年現在も、LINE、Twitterを使う闇金業者や、ソフト闇金の問題なども現役で解決しており、日本全国から闇金被害の相談や依頼が寄せられています。正野弁護士はネットを使った詐欺の対応方法にも詳しく、今のネットを使う闇金に対応した記事をお届けするために監修をお願いいたしました。

 

 

闇金からの勧誘の電話がかかってくる場合は無視しても大丈夫か?

闇金からの勧誘電話を無視

 

闇金からの勧誘電話については、基本的に無視して問題ありません。

 

しかし、複数の闇金業者から勧誘されている場合、電話番号が闇金グループ内で共有されていることが考えられます。

 

闇金グループ内で電話番号が共有されてしまった場合、何社もの闇金業者から電話が掛かってきてしまい、着信拒否をしていても対応が間に合わない可能性があるのです。面倒かも知れませんが電話番号の変更を検討してください。

 

勤務先や家族の連絡先を知られている場合には慎重に!

 

例えば、闇金だと知らずに審査の申し込みフォームに勤務先や親族の情報を入力してしまっている場合は注意しなければなりません。

 

なぜなら本人が電話を無視することで、緊急連絡先の職場やご両親などに連絡が及んでしまうことがあるからです。

 

もし勧誘があまりにもしつこい様であれば、念の為に闇金に強い弁護士や司法書士に相談しておきましょう。

 

闇金からのキャンセル料請求の電話は無視しても大丈夫?(闇金の申し込みキャンセル)

闇金のキャンセル料請求

 

闇金のキャンセル料請求とは?

 

闇金によるキャンセル料請求とは、闇金への申し込みをした後、借入をキャンセルしたいと伝えることで、闇金業者がそれまでの手数料との名目でキャンセル料を支払えと請求してくる行為のことです。

 

キャンセル料請求の事例その1

お金を借りれるところを探しており、「ネット上の審査・診断フォーム」に個人情報を入力したところ、闇金から電話が掛かってきて「既に申し込みが済んでいるから2万円のキャンセル料を払え」と脅されている。

キャンセル料請求の事例その2

ネット上の消費者金融に申し込むも、途中で怖くなり申し込みをキャンセルしたいことを業者に伝えた。
すると、業者からキャンセル料を請求され、支払わないと会社に電話し、自宅にも来ると脅されている。

 

闇金によるキャンセル料とは、この様な事例が一般的です。

 

もちろん、闇金業者のキャンセル料は法的に支払う必要の無いお金です。

 

キャンセル料請求(闇金の申し込みキャンセル)に対する被害者の対処方法

 

キャンセル料請求の電話についても無視することが基本的な対応になります。

 

しかし、闇金から勤務先や家族の連絡先を知られている場合、慎重に対応しなければなりません。

闇金から会社に電話

なぜなら本人が闇金業者からの連絡を無視することで、勤務先や家族に闇金業者の取り立てが及んでしまう恐れがあるからです。

 

勤務先や実家など第三者の個人情報を知られている場合の対処方法

 

あなたはどの様な解決を望んでいますか?

 

万が一でも会社に連絡をされては困るという方については闇金に強い法律家へ相談しておくことを推奨します。

闇金に強い弁護士

闇金業者は、キャンセル料請求程度であれば、闇金に強い弁護士が介入することで当日中に被害者からの回収を諦めることが多いです。

 

法律事務所によっては、勤務先に対して「依頼者は個人情報を悪用された被害者である」というフォローの電話を行うこともあります。

 

 

闇金からお金を借りており、取立ての電話を受けている場合

闇金業者の取り立て

闇金業者からお金を借りているにも関わらず、無視や着信拒否をしてしまうと、高い確率で本人への嫌がらせ、関係各所への取り立てが行われます。

 

闇金からお金を借りている状態で電話を無視するのは危険です。

 

闇金からお金を借りている状態で、闇金の電話を無視したり、放置する行為は非常に危険です。

 

なぜなら闇金からお金を借りているということは、自分の住所も、家族の連絡先も、勤務先まで闇金業者に知られているということが想定されます。
※闇金業者が住所や勤務先を確認せずにお金を貸すことは無いため。

 

さらに闇金も貸した分のお金を回収しようと必死になるでしょう。

 

闇金の嫌がらせ

 

そのため、闇金の取り立て電話を無視していると、自宅にピザの出前が大量に届く嫌がらせが及んだり、勤務先や家族にまで取り立てや同じ様な嫌がらせが生じる可能性があります。

 

その結果、職場での印象が悪くなり、最悪の場合職を失ってしまう方も珍しくありません。

 

なるべく早い段階で闇金対応を受け付けている弁護士を介入させましょう。

 

警察への相談は有効?

闇金相談を警察に

警察に闇金相談をするとどこまで対応して貰えるのか?

 

残念ながら、警察は闇金相談をしても動いて貰えない可能性が高いです。

 

また、根気強く交渉することで、警察から闇金に対して警告電話をかけてもらえることがあります。

 

しかし、警察が本格的に捜査するケースは少ないため、その事を知ってか闇金からの嫌がらせが再発するケースが多いのです。

 

闇金の取り立てを当日中にストップさせて、その後も闇金からの取り立てが行われないことを望むのであれば、残念ながら警察では十分な対応をしてもらえないのが現状です。

 

こちらの記事に警察の対応についてまとめています。

 

参考記事:警察は闇金にどこまで対応して貰える?

 

闇金に強い弁護士が介入することで闇金が諦めるのは何故か?

闇金に強い弁護士が入ると取り立てが止まる理由

 

闇金に強い弁護士が介入すると、依頼者の変わりに弁護士が闇金と交渉することになり、依頼者は闇金業者と話す必要が無くなります。

 

闇金業者が弁護士介入後も被害者に連絡をしたり、嫌がらせを行うと、弁護士は警察に協力を要請したり、闇金業者の商売道具である口座や携帯電話を強制解約するといった手続きを行います。

 

そうなると闇金業者は、一人の顧客のために闇金融業そのものを潰すことになってしまいます。

 

その為、闇金業者は厄介な弁護士が関わった被害者を諦めて、闇金融業そのものを守ろうとするという訳です。
参考記事:闇金に弁護士が介入したその後、嫌がらせは無い?弁護士に聞いてみた。

まとめ

 

闇金業者に対して個人情報を渡してしまっていると、その渡している情報(勤務先や実家の情報など)に応じて嫌がらせが行われる可能性があります。

 

特に闇金業者から借りている状態で、闇金業者の取り立てを無視してしまうと、闇金業者も手出しがある分、損をしてしまうことになりますので、取り立ても激しいものになってしまいます。

 

ただの勧誘電話程度なら、無視や着信拒否で収まるかも知れませんが、闇金に個人情報を渡していて業者から何かしらの金銭を請求されている場合には専門知識のある弁護士に相談し、必要に応じて介入してもらい闇金との関係を断つ様にしましょう。

 

弁護士が会社に対して「依頼者は闇金から借りた訳ではなく個人情報を悪用された被害者である」といったフォローの電話を行うこともあるので、既に勤務先まで連絡をされてしまった場合の信頼回復にも繋がります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

闇金弁護士即日解決(相談は無料24時間受付)

フリーダイアル メールでの相談はこちら