ヤミ金・ソフト闇金のキャンセル料請求の取り立てを止める対処方法

ヤミ金・ソフト闇金のキャンセル料請求の取り立てを止める対処方法

  • 天秤この記事の監修者
  • Duelパートナー法律事務所 代表

    正野嘉人弁護士

  • 正野嘉人1

闇金のキャンセル料請求の対処法

 

 

ヤミ金のキャンセル料請求とは

 

ヤミ金のキャンセル料請求とは、「ヤミ金からお金を借りようとしたけど怖くなって止めた」という場合に、闇金業者からキャンセル料として1万円〜数万円の支払いを請求されるというものです。

 

自称ソフト闇金の業者でも、このキャンセル料を請求することがあります。

 

「ソフト」という語感で道徳に反することはしない様に印象付けていますが、「自称ソフト闇金」は闇金業者の中でも最悪だと専門の弁護士からも言われており、キャンセル料請求から会社への取り立て、SNSへの嫌がらせなど悪質な行為が特徴的です。

 

闇金にキャンセル料を請求されても支払う必要は無い

闇金のキャンセル料は支払わなくて良い

 

ヤミ金からキャンセル料を請求されても支払う必要はありません。

 

一度でも支払ってしまうと、「この顧客は脅せば金を振り込むカモだ」とヤミ金に思われてしまうため、その後も「延滞料」や「手数料」など、適当な理由で金銭を請求されることになります。

 

ヤミ金業者も「脅して払ってもらえたら儲けもの」くらいに考えていますので、真面目に考えすぎて支払ってしまわない様にご注意下さい。

 

闇金からキャンセル料を請求されている場合

キャンセル料を請求されている場合

 

 

キャンセル料の請求については、無視や着信拒否と言った対応をすることで、闇金が諦めてくれる可能性があります。
※ただし、会社、実家の情報を緊急連絡先として闇金業者に通知していないこと。

 

「この顧客からは脅しても金が取れない」と闇金業者に思わせることが出来れば、業者はその顧客を諦めて次のターゲットを探す方に労力を切り替えます。

 

しかし、勤務先実家の住所を知られている場合には下記の記事を参考に慎重に対応して下さい。

 

会社・家族の連絡先を知られている場合

勤務先に闇金から連絡

闇金業者の中には、キャンセル料請求でも会社・家族に対して嫌がらせを行うことが多いです。その為、例えば闇金業者に自分の勤務先の連絡先を知られている場合には闇金の電話を無視することで勤務先に嫌がらせが発生してしまう恐れがあります。

 

会社が営業妨害にあえば警察が動いてくれる可能性がありますが、会社から通報、被害届を出すなどの対処が必要になります。

 

勤務先に知られたくない場合は・・

 

勤務先に発覚する前に手を打ちたいのであれば、闇金専門の弁護士に介入してもらうとキャンセル料請求程度の取り立ては、ほぼ即日で止まります。

 

闇金が動く前に手を打てるので、勤務先に連絡が生じる前に闇金業者との関係が切れる可能性が高いです。

 

 

会社に連絡が生じてしまった場合

 

闇金に強い弁護士の中には「依頼者は個人情報が流出し、悪用されている。闇金から借りた訳ではない」ということを会社に説明してくれる事務所もあります。

 

自分から会社に事情を話しても理解してもらえない場合には、専門の弁護士にフォローをお願いしてみましょう。

 

 

キャンセル料を支払ってしまった場合

キャンセル料を闇金に払ってしまったら

 

キャンセル料を闇金の指定する口座へ振り込んでしまった場合は、「口座が間違っている」「金額が足りない」などと難癖を付けられ、キャンセル料の請求が続く可能性があります。

 

無視をして収まれば良いのですが、あまりにキャンセル料請求が続くようであれば専門の弁護士への相談をご検討下さい。

 

警察は動き難く時間がかかるので注意

 

⇒闇金に警察は動かない?

 

警察に相談する場合、状況を整理して証拠を揃えたり、根気強く交渉したりと、時間がかかるだけでなくそもそも動いてもらえない可能性も十分にあるので注意が必要です。

 

闇金へ口座を教えてしまった場合

闇金に教えた口座はどうすれば

 

闇金の手口の中には「押し貸し」という、無理やりお金を振り込んで貸し付けるというものがあります。

 

闇金業者に自分の口座を知られている場合には押し貸しを防ぐ為に、なるべく早く解約する様にしましょう。

 

スマホ・携帯を契約して郵送する様に言ってくることもあります。

 

また、闇金業者がスマホ・携帯電話・口座を業者まで郵送する様に要求してくることもありますが、携帯電話や口座を第三者へ譲渡する行為は違法であり、警察に逮捕される可能性もあります。

 

スマホ・口座の郵送には応じない様にお気をつけ下さい。

 

まとめ、キャンセル料請求の基本的な対処方針

 

  • 無視をする
  • 会社に連絡が入ったり、入る恐れがある様なら専門の法律家を介入させる

 

闇金のキャンセル料を請求されても支払う必要がありません。ただの恐喝の様なものです。

 

闇金のキャンセル料請求は無視することで収まることもあります。

 

しかし、会社や実家の情報を闇金に知られてしまっている場合には、闇金の取り立てが第三者へと向かう可能性があります。

 

勤務先や実家の連絡先を闇金に知られている場合には、専門の法律家に相談だけでもしておき、いざという時の為に備えておきましょう。

天秤この記事の監修者

正野嘉人2

Duelパートナー法律事務所 代表

正野嘉人弁護士

1997年から22年間、多くの闇金問題を解決してきた実績がある。2019年現在も、LINE、TwitterなどSNSを使う最新の闇金業者や、ソフト闇金の問題を現役で解決しており、「家族に内緒で解決したい」と言った依頼人からの要望にも出来る限り応えられる体制を整えている。

(24時間)闇金被害の無料相談を受け付けています

闇金に強い正野弁護士

無料相談ダイヤル(通話料も無料です)
0120-654-039
↑番号をタップすると電話がかかります↑


闇金に強い法律事務所が電話相談を受け付けています(24時間365日受付)

⇒無料相談の詳細はこちら

相談は何度でも無料です。
※闇金の取り立て停止の費用は5万円(場合によっては千円から分割払い可)

闇金弁護士の無料相談(全国対応 24時間365日)

フリーダイアル