闇金のキャンセル料は支払わなくて良い!キャンセルできない時の解決方法

最終更新日:

闇金のキャンセル料は支払わなくて良い!キャンセルできない時の解決方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

  • 天秤この記事の監修者
  • Duelパートナー法律事務所 代表

    正野嘉人弁護士

  • 正野嘉人1

闇金のキャンセル料請求

 

闇金業者からキャンセル料を請求されている・・
しかも「払わなければ会社や家に連絡をする」と脅迫をされている。

 

もちろん、闇金業者にキャンセル料を支払う必要はありません。

 

この記事では、闇金業者からのダメージを最小限に抑えるための解決方法を案内しています。

 

この記事を参考にして今の状況から上手く抜け出してくださいね。

 

 

天秤この記事の監修者

正野嘉人2

Duelパートナー法律事務所 代表

正野嘉人弁護士

1997年から22年間、闇金業者の殴る蹴るが当たり前の時代から闇金問題を解決してきた弁護士さんです。2019年現在も、LINE、Twitterを使う闇金業者や、ソフト闇金の問題なども現役で解決しており、日本全国から闇金被害の相談や依頼が寄せられています。正野弁護士はネットを使った詐欺の対応方法にも詳しく、今のネットを使う闇金に対応した記事をお届けするために監修をお願いいたしました。

 

 

ヤミ金のキャンセル料請求とは

闇金への申し込み

 

ヤミ金のキャンセル料請求とは、「ヤミ金からお金を借りようとしたけど怖くなって止めた」という場合に、闇金業者からキャンセル料として1万円〜数万円の支払いを請求されるというものです。

 

このキャンセル料の取り立ては、本人だけでなく勤務先にまで電話が及ぶこともあります。

 

闇金にキャンセル料を請求されても支払う必要は無い

闇金のキャンセル料に支払い義務は無い

 

ヤミ金からキャンセル料を請求されても支払う必要はありません。

 

一度でも支払ってしまうと、「この顧客は脅せば金を振り込むカモだ」とヤミ金に思われてしまうため、その後も「延滞料」や「手数料」など、適当な理由で金銭を請求されることになります。

 

ヤミ金業者も「脅して払ってもらえたら儲けもの」くらいに考えていますので、真面目に考えすぎて支払ってしまわない様にご注意下さい。

 

スマホや口座を契約して郵送する様に要求してくることがあります

 

闇金業者がスマホ・携帯電話・口座を業者まで郵送する様に要求してくることがありますが、携帯電話や口座を第三者へ譲渡する行為は違法であり、警察に逮捕される可能性もあります。

 

闇金業者が携帯電話を5台契約して郵送したら金銭を振り込むという約束をすることもありますが、約束のお金が振り込まれず携帯電話のみを騙し取られる被害者が続出しています。スマホ・口座の郵送には応じない様にお気をつけ下さい。

闇金からキャンセル料を請求されている場合

闇金の取り立て

キャンセル料の請求については、無視や着信拒否と言った対応をすることで、闇金が諦めてくれる可能性があります。

 

「この顧客からは脅しても金が取れない」と闇金業者に思わせることが出来れば、業者はその顧客を諦めて次のターゲットを探す方に労力を切り替えます。

 

しかし、勤務先実家の住所を知られている場合には下記の記事を参考に慎重に対応して下さい。

 

会社・家族の連絡先を知られている場合

闇金による会社への嫌がらせ

 

闇金業者の中にはキャンセル料を口実に会社・家族に対して嫌がらせを行う者も多いです。

 

そのため闇金業者に自分の勤務先や実家の連絡先を知られている場合、闇金業者からの電話を無視することで勤務先やご家族に嫌がらせが発生してしまう恐れがあります。

 

会社が営業妨害にあえば警察が動いてくれる可能性がありますが、会社から通報、被害届を出すなどの対処が必要になります。

 

関係各所に影響が出る前に闇金業者にキャンセル料の回収を諦めさせる方法

 

闇金に強い弁護士に介入してもらうとキャンセル料請求の取り立ては、その当日中に止まります。

 

闇金業者からの嫌がらせが会社に及ぶ前にキャンセル料の回収を諦めてもらう為には、それだけ早く対処をする必要があり、スピード勝負です。

 

闇金に強い弁護士

 

闇金対応に詳しい弁護士は、闇金問題が一分一秒の遅れで嫌がらせが関係各所に及んでしまうことを知っているので、なるべくその日の内に対応する様につとめています。

 

もし既に会社に連絡されている場合

 

闇金に強い弁護士や司法書士事務所のなかには、必要に応じて勤務先にフォローの電話を入れてもらえることがあります。

 

例)「依頼人は闇金から借りたわけではなく、個人情報を悪用された被害者である」など

 

闇金からの電話によって勤務先内で印象が悪くなってしまうと、その後の生活に支障が出てしまいかねません。闇金業者から勤務先へ嫌がらせをされてしまった方は担当弁護士に相談してみましょう。

 

まとめ

  • 闇金にキャンセル料を請求されても支払う必要はない
  • 勤務先など個人情報を知られていなければ無視や着信拒否で様子を見る
  • 勤務先や家族の情報を送ってしまった場合は闇金に強い弁護士を介入させる
  • 勤務先に嫌がらせをされてしまった場合は弁護士がフォローしてくれることもある

 

闇金のキャンセル料を請求されても支払う必要がありません。ただの恐喝の様なものです。

 

闇金のキャンセル料請求は無視することで収まることもありますが、会社や実家の情報を闇金に知られてしまっている場合には、闇金の取り立てが第三者へと向かう可能性があります。

 

勤務先や実家の連絡先を闇金に知られている場合には、専門の法律家に相談だけでもしておき、いざという時の為に備えておきましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

闇金弁護士即日解決(相談は無料24時間受付)

フリーダイアル メールでの相談はこちら