体験談:兄の保証人から危うく闇金地獄へ、借りた5万が翌日8万に

体験談:兄の保証人から危うく闇金地獄へ、借りた5万が翌日8万に

相関図

 

※一般の方からの体験談なので一部読みにくい点がございます。

 

体験談提供者 30代 女性

 

これは、私が20歳の新婚だった頃の元夫の事です。

 

私の元夫は、3人兄弟の末っ子でした。

 

2番目の兄貴と建設作業員として働いていました。

 

元旦那の持って帰る給料があまりにも少ないので疑問に思い問い詰めると、借金があると白状しました。

 

しかも、トイチと呼ばれる闇金でした。

 

事の始まりは、2番目の兄貴の嫁が2番目の兄貴の名義で闇金から借りた事でした。

 

しかも、トイチとゆうのは、10日毎に支払い日がくるシステムで利息分だけでも精一杯の状態でした。

 

兄貴は弟の給料から借りるようになり、挙げ句の果てには、弟を保証人にしてしまいました。

 

 

 

保証人となった元旦那は、払えなくなり請求日には事務所みたいな所に連れていかれ、耳から出血するほど殴られていました。

 

 

 

兄貴の利息が払えなくなり、一般の金融会社のブラックになっていたので他から借りれなかったので、元旦那は、別のトイチから借りてきたのです。

 

それが発覚し、私は借りた五万円を翌日すぐに返すように言いました。

 

元旦那もそれに応じ、借りた闇金に連絡を取った所、『三ヶ月間はトイチのシステムで返金してもらわないと困る』と言ってきました。

 

幸い借りた相手は親方の知り合いだったようで、間にはいってもらい、示談して八万円で全額返金とゆう形になりました。

 

返金当日一緒に行き車で待っていると、待ち合わせの公園に若いどっからみても20歳くらいの男がお金を受け取りに来ました。

 

たった一日前に借りた五万円が、翌日八万円になって消えてしまいました。

 

一方兄貴の方は、嫁さんは、風俗にやられ、その風俗店のママから100万円を借り、生理の日以外は毎日働かされていたようです。

 

 

かなり内容がハードです、恐らく闇金の取り締まりが強化される前のことでしょうか。

 

お兄様も、そのお嫁様も、法律事務所を介入させていれば違う人生が歩めたはずです。

 

闇金問題は事態の収拾が着かなくなる前に、まずは専門家に相談をしておきましょう。

 

⇒闇金に強い弁護士の無料相談窓口はこちら

 

体験談:兄の保証人から危うく闇金地獄へ、借りた5万が翌日8万に


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


体験談:兄の保証人から危うく闇金地獄へ、借りた5万が翌日8万に


↑無料の電話相談はこちらから↑