クレジットカードと闇金の両方からお金を借りてしまった体験談

クレジットカードと闇金の両方からお金を借りてしまった体験談

パチンコ

 

体験談提供者 20代男性

 

私が大学生の頃、遊ぶお金ほしさに闇金融に手を出してしまったことがあります。

 

当時私は、パチンコやスロットに学校も行かず通いつめており、アルバイトのお金をほとんどギャンブルにつぎ込んでいました。

 

自分の許容範囲内であれば問題はなかったのですが、そのうち負けることが多くなり、負け額を取り返すためにまたギャンブルを繰り返すようになりました。

 

その後、クレジットカードのキャッシングを上限まで使ってしまい、返済できなくなっていました。親にも頼むことができなく、危険とは思っていながらも闇金融に手を出してしまったのです。

 

最初はクレジットの返済額だけを借りクレジットへの返済に充て、少しずつ返済していこうと考えていました。

 

サイフ

 

しかし返せど返せど金額は減らず、利息分の支払いだけでいっぱいいっぱいとなっていました。

 

クレジットカードと闇金融のダブル返済は正直とても辛かったですが、クレジットカードのほうは徐々に借金が減っていきました。

 

そんな中、アキレス腱を切ってしまい、アルバイトができない状況になってしまいました。

 

そこから本当に大変な日々が始まりました。

 

利息分ですら払えない状況になり、家に金融業者が毎日来て大声で罵られドアに張り紙がつけられ電話も一向に鳴り止まなくなりました。

 

私はどうして良いのか本当にわからなくなり、一時は自殺も考えました。

 

そんな中、よく通っていたバーのマスターから電話がありました。電話をかけてきた理由としては私があまり顔を出さなくなったためだと彼は言っていました。

 

私は彼に現在の状況を説明したところ、今まで経験したことがないくらい叱られました。

 

そして最後に貸してやると一言、彼は言いました。私は本当に迷いましたが、恥ずかしながらお言葉に甘え、お金を借り返済することができました。今ではマスターへの返済も終わっており、今でもそのバーに通っています。

(24時間)闇金被害の無料相談を受け付けています

闇金に強い正野弁護士

無料相談ダイヤル(通話料も無料です)
0120-654-039
↑番号をタップすると電話がかかります↑


闇金に強い法律事務所が電話相談を受け付けています(24時間365日受付)

相談は何度でも無料です。
※闇金の取り立て停止の費用は5万円(場合によっては千円から分割払い可)