ヤミ金体験談:駐車場の張り紙から叔父がお金を借りてしまった。

体験談:駐車場の張り紙から叔父がお金を借りてしまった。それは闇金だった。

電話

 

以前、同居して居た母の弟の叔父が駐車場の張り紙を見てお金を借りてしまいました。

 

私は、借りた本人では無いのにある日突然恐い低い声で自宅に電話があり

 

「借りた金を耳を揃えて返せ、今日の午後取りに行くから、20万円揃えろ、返さなかったら殺すぞ」

 

といきなり脅かされました。

 

直ぐに叔父に事情を聞くと

 

「6万円借りた。

 

保証人と身内の名前を書けと言われ書いた。

 

借りる時に電話に出たのは女性で優しく直ぐに誰でも借りれると説明してくれた。

 

行ってみたら男の人しかいなくて、

 

変な雰囲気だったから借りずに帰って来ようと思ったが、

 

『電話で受け付けが済んでるから1度借りて帰れ』と強引に借りさせられた」

 

 

と汗だくで話してくれました。

 

借用書を急いで確認すると50万円借りた事になっていました。

 

利息も会社名も未記入でした。

 

保証人が私と主人の名前で、連帯保証人に親戚の名前が書いてありました。

 

 

午後に来ると言うので近所の友達に連絡して事情を話して、自宅に来てもらい取り立てに来たら玄関で大騒ぎするからすぐに警察通報してくれる様に頼みました。

 

そのときには警察官が来て事なきを得ました。

 

詳しい事情を警察官に話して被害届を出し、弁護士に頼み処理しました。

 

しかし、借りた本人でも無いのに勝手に保証人の責務だと莫大な金額を請求され、

 

毎日何十回も電話で脅かされ、毎日何度も自宅に来られ、生きた心地がしませんでした。

 

 

玄関のドアを開ける前に必ず警察に電話して時間を計ってからドアを開けその度、脅迫行為だと警察官が守ってくれ、巡回もしてくれました。

 

その後、私達家族は引っ越して電話番号も変え叔父も仕事を変えました。

 

目に見える恐怖と目に見えない恐怖と戦うのは本当に言い表しようがありません。

 

人の弱みに何処までも漬け込んで来るので、友達に素直に話して、その友人が力を貸してくれ気を強く持てたのが功を奏したのだと思います。

 

今思い出しても恐ろしいく足が竦む思いです。

(24時間)闇金被害の無料相談を受け付けています

闇金に強い正野弁護士

無料相談ダイヤル(通話料も無料です)
0120-654-039
↑番号をタップすると電話がかかります↑


闇金に強い法律事務所が電話相談を受け付けています(24時間365日受付)

相談は何度でも無料です。
※闇金の取り立て停止の費用は5万円(場合によっては千円から分割払い可)