体験談:「加藤」と名乗る闇金から公園で借り入れをした話

体験談:「加藤」と名乗る闇金から公園で借り入れをした話

闇金 加藤

 

体験談提供者:60代男性

 

私は埼玉県で自営の塗装屋をやっているものです。

 

昔は黙ってても仕事が入ってきた時期で収入も多く悠々自適な生活を送れていたのですが、景気が悪くなると仕事がだんだんと減ってきて生活はおろか職人や材料屋への月々の支払いにも頭を悩ませるようになっていました。

 

所詮自営業ですから銀行から借りれる訳もなく危ない場所から金を借りることになるのは当然の結果でした。

 

私が電話したのはチラシで知ったAという金融会社でした。

 

電話をして詳しい話を聞くと50万円の融資を出来ること、利息は1ヶ月20%だということでした。

 

その時の私は相手の話を疑いもせず直ぐに融資を受けさせてもらうようにお願いをし、相手が指示したファミレスの前に行くことにしました。

 

待ち合わせの場所に行くと30前半くらいの男とその部下と思われる男がいました。30前半の男は名前を加藤と言いました。

 

てっきりファミレスに入るのかと思ったのですが何故かファミレスには入らず3人で連れ立って近くの公園の方に歩いて行きました。

 

歩きながら加藤が50万はもう用意してある、あとは保険証と書類にサインをするだけだと言いました。

 

明らかに普通ではない状況でしたが闇金だということは承知の上だったので特に迷いもせず保険証を渡し書類にサインをしました。

 

保険証は部下の男がコンビニでコピーをしに行き戻ってくるとすんなりと50万を貰うことができました。

 

返済は1ヶ月に電話すると約束し受け取ったその足で銀行に行き支払い先に振込をし何とかなったと安堵しました。

 

それから3週間ほどたった日に知らない電話番号から電話がありました。

 

出てみると借りた覚えのないBという金融会社からでした。返済期日が過ぎてる、ちゃんと書類も残っているとのことでした。私が借りたのは他の会社からでそちらから借りた覚えはないと言いましたが、どうやら加藤はBという会社の人間で、Aという会社から紹介を受けたことになっていたのです。

 

そして案の定、50万だったはずの融資金が利息がついて80万という金額になっていました。

 

私は仕方なく仕事仲間に頼んで待ち合わせの場所について来てもらい80万をその場で返しサインした書類と保険証のコピーをその場で破棄してもらうように頼み何とか破棄してもらいました。

 

それから現在まで幸運にも加藤からの連絡などはありません。

(24時間)闇金被害の無料相談を受け付けています

闇金に強い正野弁護士

無料相談ダイヤル(通話料も無料です)
0120-654-039
↑番号をタップすると電話がかかります↑


闇金に強い法律事務所が電話相談を受け付けています(24時間365日受付)

相談は何度でも無料です。
※闇金の取り立て停止の費用は5万円(場合によっては千円から分割払い可)