キャンセル料請求の被害にあった30代男性のケース

キャンセル料請求の被害にあった30代男性の闇金体験談

スマホ

 

当時3社から約150万の借金があった。

 

毎月違う日が支払日で、3社のATMへ返しに行く日々を過ごしていた。

 

そんある時、「おまとめローン」そんな広告に目を引かれた。

 

みるからに怪しかったが、3社への支払いが一つにまとまるならと、連絡してみた。

 

簡単な審査があり、別のローン会社の審査は通らなかったのにここは簡単に審査に通ったことで、すこし違和感を覚えた。

 

そして、現金は手渡しでするから指定の場所へ来てくれという。

 

もう怪しさ全開で、むしろ恐ろしさを感じた。

 

連絡したことに後悔し、指定日に指定場所へ行かなかった。

 

すると、次の日から携帯はもちろん、家に電話。あげくのはてには会社にまで電話してきた。

 

内容は借金返せだの、慰謝料払え等だった。もちろん、その闇金には一銭も借りていない。

 

会社は心配してくれ、私はどこからか個人情報が漏れたのでしょう。と知らんぷりした。

 

そんな嫌がらせが約一週間続き、私は大変疲れていた。電話の呼び出し音を聞くたび、動悸が起こった。

 

家の来客をつげるチャイムが鳴るたび、忍び足で玄関まで行き、魚眼レンズから来客者を確認した。

 

私は未遂で終わったが、闇金の恐怖の一端を経験した。

 

もう二度と、手を出さないと誓った今日この頃である。

 

 

お金を借りていないのに闇金から返済を要求されるという、キャンセル料請求の被害は近年増えております。

 

無視をしておさまれば良いのですが、少しでも危険を感じた場合は、キャンセル料請求に対応している法律事務所へ相談しておくと良いでしょう。

 

キャンセル料請求に対応した法律事務所

 

(24時間)闇金被害の無料相談を受け付けています

闇金に強い正野弁護士

無料相談ダイヤル(通話料も無料です)
0120-654-039
↑番号をタップすると電話がかかります↑


闇金に強い法律事務所が電話相談を受け付けています(24時間365日受付)

相談は何度でも無料です。
※闇金の取り立て停止の費用は5万円(場合によっては千円から分割払い可)