闇金の借金体験談:勝手に名前を使われて契約させられていた

闇金の借金体験談:勝手に名前を使われて契約させられていた

20代男性の体験談

 

闇金からは自分の意志で借りたわけではなく、いつの間にか第三者によって借り入れの契約がされていました。

 

ある日突然請求が来て、借金の存在に気が付き驚きました。

 

初めは書類が郵送されてきましたが、身に覚えが無いので詐欺か何かかと思い無視していました。しかし電話で改めて連絡が来て何か対応する必要があるとわかりました。

 

自身では借り入れした覚えはないが、誰か第三者によって勝手に名義を使われて借り入れがされていました。

 

確認したところ契約書に書かれた個人情報は内容があっていますが、筆跡や捺印は異なっていました。

 

捨てた書類から個人情報を集めることは難しくないので、こんなに簡単に借り入れの契約ができるのかと大変驚きました。

 

私自身が契約したわけではありませんが、それを証明することは非常に困難です。

 

相手側も免許証のコピーがないなど、不備はありますが、契約を破棄するためには弁護士を挟むしかないことになりました。その費用もかさみ大変遺憾です。

 

現在、弁護士を挟んで契約無効に向けて調整中です。

 

相手が闇金業者であれば、その時点で法的な支払い義務は発生しません。

 

闇金交渉を受け付けている弁護士・司法書士事務所にまずは相談してみると良いでしょう。

 

本人が闇金から借り入れていない場合、弁護士からのファーストコンタクトの時点で闇金との関係が切れることも多いです。

 

費用の相場は1社で5万円程度です。

 

(24時間)闇金被害の無料相談を受け付けています

闇金に強い正野弁護士

無料相談ダイヤル(通話料も無料です)
0120-654-039
↑番号をタップすると電話がかかります↑


闇金に強い法律事務所が電話相談を受け付けています(24時間365日受付)

相談は何度でも無料です。
※闇金の取り立て停止の費用は5万円(場合によっては千円から分割払い可)