闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

闇金業者の取り立ての手口その対策について、闇金対応を最前線で行っている弁護士に取材してきました。その取材を基に、闇金からの被害を最小限に抑える方法等も分かりやすくまとめています。

 

⇒闇金に強い弁護士のインタビューのはコチラ

 

 

闇金の取り立て手口

闇金の取り立てが家に来るのか?

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

今の闇金業者は店舗を持たない090金融が主流

 

2003年に闇金に対しての取り締まりが強化されてからというもの、実店舗を構えて営業するタイプの闇金業者は激減しました。その結果090金融という携帯電話、スマートフォンのみで営業するタイプの業者が現在は9割を占めています。

 

このタイプの闇金業者はどの都道府県に潜んでいるか分かりません。彼らは身元が分からない携帯電話と銀行口座、「通称トバシ携帯・トバシ口座」を利用しており、身元を隠して営業しています。

 

実際に家に来ることはほとんど無い

現在の闇金業者は警察からの摘発を恐れており、実際に顧客の家まで取り立てに来たり、暴力や拉致・監禁と言った映画やテレビドラマでおなじみの行為を行うことはほとんどありません。

 

しかし、中には店舗こそ構えていないものの、金銭は対面でやり取りしている闇金業者もいたり、近くに住む別の顧客に指示をして玄関や家の近くに張り紙をさせると言った手口も報告されているため、絶対に家に来ないと安心しきってしまうのは危険です。

 

闇金の取り立て 3段階に渡る激しさ

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

第1段階 電話による督促、恐喝、回線をパンクさせる行為

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

電話による督促は、自宅や実家、勤務先へと向かいます。主に「緊急連絡先」として伝えてある連絡先へと取り立てが行われます。

 

第2段階 自宅や勤務先へピザの宅配、消防車、タクシー、救急車を呼ぶ

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法
ピザや牛丼などをイタズラで顧客の家まで注文する行為です。デリバリーだけに留まらず、消防車、タクシー、救急車を呼ぶこともあります。

 

第3段階 自宅や勤務先のご近所に対して第1段階、第2段階の嫌がらせを行う

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

自宅、実家、勤務先だけではなく、そのご近所に対して嫌がらせを行います。

 

2018年に目立つ闇金の取り立て

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

※闇金弁護士のインタビュー2018年に入って目立つ取り立ての手口を参考にまとめています。

 

1.非通知で行われる嫌がらせ電話

 

闇金業者とはLINEでやり取りしているので闇金の電話番号が分からない状態で非通知で嫌がらせが行われる。

 

2.写真を使った嫌がらせ

 

身分証の写真、自分の写真を闇金業者に送ってしまったため、顧客の写真がネット上で拡散されたり、勤務先に「借金返せ」と印字された状態でファックスされる。

 

3.裸の写真を使った恐喝

 

裸の写真を撮らせて送信させることで恐喝に使う。

 

4.渡した銀行口座を「凍結させるぞ」と恐喝してくる

 

銀行口座が凍結されてしまうと、その他の口座も凍結される恐れがあります。

 

5.「仲介者」を名乗る者からの取り立て

 

貸付から「仲介者」を通して行われるケースが増えており、取り立てもこの「仲介者」から行われている。

 

6.自営業、会社経営者に対して「取引先に請求書を送付するぞ」と脅す。

 

自営業、会社経営者については「ファクタリング」契約を装って貸し付けられるケースが増えている。支払いが滞ると取引先への通知を脅迫材料に使う。

 

闇金の取り立て手口一覧

  • 何度も電話をかけてくる通称鬼電
  • 脅迫めいた言動
  • 会社(勤務先)への取り立て
  • 家族・親族への取り立て
  • ピザなどデリバリーをイタズラで届ける嫌がらせ
  • SNSで嘘の噂を流す嫌がらせ
  • 家の近所に顔写真付きの中傷ビラを貼る

 

2018年も闇金業者は090金融がメインとなっている為、電話やインターネットなど、顔を出さずに出来る取り立てや嫌がらせが行われます。
しかし、それだけに勤務先などの顧客の居場所を攻撃したり、インターネットで名誉を傷つけたりと、顧客にとって社会的なダメージになる行為が目立つ様になりました。

 

 

スマホ・口座の要求に応じてはならない

闇金業者から行われるスマホの要求について

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

顧客が支払えなくなると、ヤミ金は「スマホを契約して郵送しろ、それで借金をチャラにしてやる」と、スマホの郵送を要求してきます。

 

しかし、この行為は携帯電話会社への詐欺行為逮捕される可能性があります。

 

あなたのスマホは確実にヤミ金の営業に使われることになるので、後々、ヤミ金の共犯として疑われ取調べを受ける危険性があるのです。

 

スマホを郵送した者に残るのは、逮捕のリスクと、携帯電話代の支払いです。絶対に渡してしまわないようにお気をつけ下さい。

 

闇金業者から行われる口座の要求について

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

スマホと同じ様に、ヤミ金融業者は支払いが滞ると「口座を契約して、自分達に譲渡しろ」と要求してきます。

 

「口座を渡したくらいなら大丈夫だから」「何かあった時には警察には落としたと言えば問題ない」と甘い言葉で誘惑をしてきます。

 

しかし、口座の譲渡は犯罪ですし、その事実が発覚しただけで逮捕される恐れもあります。

 

ヤミ金に渡した口座は、間違いなく、振り込め詐欺や、ヤミ金の口座として使われます。その場合、口座を渡した顧客も共犯として逮捕されることになります。

闇金の取り立て対策

未然に防ぐ対策

闇金業者に対して口座を渡してはならない

 

第三者に口座を譲渡することで、銀行に対する詐欺罪が成立することがあるだけでなく、闇金との共犯と疑われることで警察や弁護士から口座が凍結されてしまう恐れがあります。それを脅迫材料にされてしまう恐れがあるので注意しましょう。

 

「仲介者」を名乗るものを信用してはならない

 

闇金の仲介者を名乗る者が黒幕である可能性が高いため、この仲介者の言うことを真に受けてはいけません。

 

自分の写真を闇金に送らない

 

後々の脅迫材料になる為、自分の写真は闇金業者には送らない様にしましょう。

 

自営業や会社経営者はFAX等の融資案内に手を出さない

 

相手は闇金なので、支払うことが出来ないサイクル、利息での返済を求められます。支払いが滞れば取引先に請求書を送りつけられることになります。
闇金からの通知が届いてしまえば、苦労して築き上げた取引先との関係が崩れてしまいます。

 

既に取り立てされている場合の対策・解決方法

 

警察に相談するのも手段の一つだが望みは薄い

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

警察は闇金の被害者に対して、「闇金からの取り立てや嫌がらせは無視してくださいね」と門前払いにする傾向があります。

 

闇金に警察は対応してくれるのか?

 

この記事でも書いてありますが、警察を動かすには事前の準備と根気が必要です。動いてもらったとしても、警告電話をかけてもらえはしますが、逮捕に向けて捜査を開始してくれるわけではありません。
その対応を待っているうちに嫌がらせがエスカレートする恐れがあるだけでなく、闇金を刺激してしまうだけで終わってしまう恐れもあります。闇金業者も警察が本格的に捜査を開始しないことや、絶対に捕まらない自信を持っているため、被害者への嫌がらせが収まる望みは薄いです。

 

個人が自分で闇金と交渉するリスク

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

闇金が嫌がる武器を持っている弁護士と比較して、闇金業者は一般の個人との約束を破ってもデメリットはありません。それどころか「勤務先」等の連絡先など顧客の弱みとなる人質を取っているので、闇金業者は顧客との約束を破ることについては何のリスクもありません。

 

以下、闇金弁護士へのインタビューより引用。

闇金は個人情報を聞き出し、その個人情報を人質に、被害者を生かさず殺さず一生お金を巻き上げるのが主たる仕事なので手を切ってくれる事はほぼありません。

 

闇金の居場所が分からない上、数多くの闇金が存在し一々警察が捜査して捕まえるという事は殆どせず放置されている状況です。

 

闇金はそういった状況をよく理解しており、警察には捕まらないと自信を持っています。

 

そういった状況の中、嘘と恐喝で金儲けを企んでいる闇金相手に人質を取られた被害者では丸め込まれるか、約束を反故にされるでしょう。

 

闇金に強い弁護士のインタビュー個人が自分で闇金と交渉するリスクより引用

 

その為、闇金の「○○万円払ったら和解してやる」という口約束に乗っても、ただ金銭を余計に払わされて終わりになってしまう可能性が高いのです。

 

闇金に強い弁護士に相談しておくと闇金からの社会復帰が一番スムーズです

闇金に強い弁護士

 

 

 

闇金に強い弁護士のデメリット
  • 費用が5万円程度かかる(年内で支払える程度に分割、後払い可)
  • 「闇金に強い」弁護士を選ばなければ意味が無い

 

弁護士には得意なもの、不得意なものがあります。その為、「家から近いから」という理由で適当な弁護士を選んでしまうと解決しないまま放置されてしまう可能性があります。必ず「闇金に強い」弁護士に最初に相談する様にして下さい。

 

 

闇金に強い弁護士のメリット
  • 闇金業者が即日で引いていく可能性が高い(闇金業者としては関わってもデメリットが多すぎるため)
  • アフターフォローがあり、数ヶ月後に闇金業者が近づいてきた場合も無償で対応
  • 会社や身内に対してフォローをしてもらえる
  • 渡してしまった口座やスマホについて後始末のアドバイスが得られる
  • 闇金からお金が返ってくる可能性がある(望みは薄いが、相談が早ければ確率は上がる)

 

闇金対応に慣れている弁護士は、闇金の商売道具である口座の凍結や、スマホの強制解約と言った闇金にとってダメージとなる手段を取ることが出来ます。

 

更に闇金業者の手口に詳しい弁護士と関わることで、闇金業者は逮捕されるリスクが高くなるので、闇金業者は「一人の顧客を追って全滅するよりも、一人の顧客を諦めて次の顧客へ」という損切りの判断をします。

 

闇金対応を依頼する弁護士の選び方
  • 闇金対応を多く行っていること
  • 無料の電話相談が出来ること
  • 元金は返済しなくても良い
  • 料金が明確であること
  • 費用の分割払いが可能であること
  • 家から近いかどうかだけで選ばないこと

 

闇金対応を現役で多く行っている弁護士の方が損失が少なく済む

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法

 

闇金対応ばかり行っている事務所であれば、日々変わる闇金業者の新しい手口にも直ぐにピンと来てもらえますし、「どの業者が、どれくらい危険なのか?」ということを日々の対応データベースから瞬時に判断が出来ます。

 

また、闇金の被害者が「何に困っていて、何を避けたいのか?」 を把握しています。つまり、家族や会社に内緒で対応して欲しいと言った要望にも応えてもらえやすいというメリットがあります。

 

闇金対応は一分一秒を争うスピード勝負です。闇金からのたった一本の電話が被害者の信用を貶めてしまいます。

 

闇金に強い弁護士は無料で相談に乗っているので、まずはこの無料相談だけでも使って、本当に危なくなった時に動ける準備だけでもしておく様にしましょう。

 

取材に協力して頂いた弁護士

Duelパートナー法律事務所、代表弁護士:正野 嘉人(東京弁護士会/19816)

闇金に強い弁護士

闇金業者についての相談、依頼を日本全国から受け付けており、解決実績を多数持つ。

秘密厳守や、嫌がらせが発生させない慎重な対応など、依頼者の気持ちに配慮した対応が特徴的。

⇒闇金取り立てについてのインタビュー記事はこちら

⇒正野 嘉人弁護士への無料相談はこちら

闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金の取り立て手口と対策|失うものを最小限にする解決方法


↑無料の電話相談はこちらから↑