ヤミ金(闇金)にスマホや携帯、口座を郵送したら逮捕?対処法はコレ

ヤミ金(闇金)にスマホや口座を契約して郵送したら逮捕?対処法はコレ

ヤミ金(闇金)にスマホや口座を契約して郵送したら逮捕?対処法はコレ

梱包

 

闇金にスマホや口座を契約して郵送する様に指示されたり、既に郵送してしまった場合の対処方法を紹介します。

 

「落としてしまった」と嘘をつけば良いと闇金業者にそそのかされてしまう方もいますが、警察はその様な嘘が通じるほど甘くありません。

 

しかし、「もうダメだ」などと絶望する必要はありません。

 

大丈夫です。

 

その対処方法までご案内いたしますのでご安心下さい。

 

 

 

闇金へのスマホの郵送について

スマホ

 

携帯端末の譲渡は法律違反になります。

 

また、闇金がスマホを契約させた理由としては、そのスマホを闇金の業務用の電話として使うためです。

 

また、闇金と繋がっている反社会勢力に流され犯罪に利用されてしまいます。

 

その場合、スマホの譲渡、犯罪行為への加担、いずれも刑罰の対象となります。

 

白ロム詐欺について

スマホ端末

 

闇金は債務者が返済に行き詰ると、docomo、au、ソフトバンクといった携帯ショップへ行ってスマホを数台契約する様に指示をしてくることがあります。

 

iPhoneなどのスマホやiPad等のタブレットを5台契約して郵送すれば、後日30万円を振り込むといったものが指示の内容です。

 

その様な闇金の言葉を真に受けて、実際に闇金に対してスマホやタブレット端末を郵送してしまう被害者が後を絶ちません。

 

残ったのはスマホ代の支払いだけ

 

実際にスマホやタブレット端末を郵送しても、闇金は当初約束した金額を振り込むことはありません。

 

被害者に残るのは、スマホやタブレットの割賦代金の支払いです。

 

こういった、スマホ端末を騙し取る手口を『白ロム詐欺』と呼びます。

 

スマホ譲渡・白ロム詐欺で逮捕される?

警察署

 

『騙されたのに逮捕される?そんなのおかしい!』と言いたいところですが、警察の対応によっては相談に行くと逮捕、処罰されてしまうことがあります。

 

  • うまく逮捕されない為の行動
  • 契約を無効に出来る可能性

 

について迫ってみましょう。

 

スマホ譲渡・白ロム詐欺で逮捕される可能性があります。

逮捕

 

スマホや携帯電話を有償で第三者へ譲渡することで、携帯電話会社への詐欺罪が成立することがあります。

 

携帯電話不正利用防止法違反となり、取調べを受けたり、刑罰が課されることがあります。

 

譲渡したスマホが犯罪に使われると犯罪行為に加担したことになります

オレオレ詐欺

 

譲渡したスマホが闇金業務やオレオレ詐欺、振り込め詐欺などの犯罪に使われてしまうと、譲渡した人も犯罪に加担したことになります。

 

その場合、警察から逮捕される可能性があります。

 

 

スマホ譲渡・白ロム詐欺で逮捕されない為に

逮捕されない為に

  1. 弁護士、司法書士のいずれかの法律家に相談する
  2. スマホは解約する

 

有利に対応を進めていく為に、大まかな流れは以上の様になります。

 

警察への届出は大事だが逮捕されてしまうリスクもある

職務質問

 

警察官によっては、スマホを譲渡してしまった者は詐欺罪の被疑者として扱われることになり、取調べを受け逮捕されてしまう可能性があります。

 

もちろん、渡してしまったスマホの2次被害を防ぐ上で、警察への申告は大事ではあります。

 

しかし、出来ればあなた自身の身を守るためにも、まずは闇金の問題に詳しい法律家を味方につけて、警察への申告方法についてアドバイスを受けましょう。

 

弁護士・司法書士のサポートで逮捕を免れる

弁護士

 

  • 詐欺による意思表示の取り消し
  • 強迫による意思表示の取消し

 

瑕疵(かし)ある意思表示という概念があります。

 

瑕疵とは、欠陥があるという意味です。

 

つまり、詐欺や脅迫による意思表示は取り消すことが出来るということです。

 

コレは、民法の96条で定められています。

 

  • 闇金から騙されてスマホを契約させられた
  • 闇金から脅迫されてスマホを契約させられた

 

という場合にはそれぞれ契約の取り消しが可能になる場合があります。

 

しかし、いきなり警察に相談に行ってしまうとこう言った「被害者」としての側面が無視されてしまう可能性があり、犯罪を犯した被疑者としてのみ扱われてしまう可能性があります。

 

弁護士や司法書士のアドバイスを参考に対応を進めることで、被害者が被害者として扱われやすくなります。

 

弁護士・司法書士のサポートで支払い義務が取り消せることも

支払い義務が無くなる

  • 詐欺による意思表示の取り消し
  • 強迫による意思表示の取消し

 

上記した様に、民法96条には詐欺、脅迫による意思表示は取り消すことが出来るとあります。

 

確実に・・・とは言えませんが、法律家の仕事によっては、騙されて契約してしまったスマホやタブレットの支払い義務が免除される可能性があります。

 

割賦の返済が残る可能性もあり債務整理が必要になることもある

 

とは言ったものの、割賦の返済が残る可能性が高いです。

 

ただでさえ、お金に困って闇金に頼ったのに毎月のスマホ代金の支払いだけが残ってしまいます。

 

この場合には債務整理が必要になることがあります。

 

債務整理によって、残ったスマホ代金の支払いの一部を免除したり、支払いやすくすると言った対応を行います。

 

まとめ:闇金にスマホ郵送、白ロム詐欺に関与した場合の対処法

 

  • 第三者への有償でのスマホ・タブレット端末の譲渡は詐欺罪が成立する
  • 警察に相談した場合、詐欺を犯した者として扱われ逮捕されるリスクがある
  • 法律家に依頼した場合、スマホ・タブレット端末の契約を取り消せる可能性がある
  • 法律家に依頼した場合、あくまで被害者であることを主張できるので逮捕を免れやすくなる

 

 

法律家を通して対応を進めた場合、スマホ・タブレット台を支払わなくて済む可能性もあります。

 

しかし、スマホの契約が残り、債務整理が必要になる可能性もあります。

 

契約が残ってしまった場合には、債務整理をすることで、スマホ・タブレット代金の支払いの一部を免除したり、分割して支払いやすくすることが可能です。

 

何より、法律家を介して対応を行うことで、依頼者は警察にそのまま飛び込むよりも逮捕される事態を避けやすくなります。

 

>>白ロム詐欺で騙し取られたスマホ代が払えない!対処・解決方法を解説!

 

↑こちらの記事で対処方法等について解説しておりますので参考にして下さい。

 

↑もくじへ戻る↑

 

既に口座を契約して送ってしまった場合

銀行口座

 

闇金に対して、自分名義の口座を渡してしまうと後々逮捕されてしまう可能性が高いです。

 

また、その銀行で口座が凍結され、新規で口座を作ることが出来なくなってしまいます。

 

しかし、大丈夫です!

 

この記事を読んで頂くことで逮捕を免れ銀行口座の凍結を避けることも出来ます。

 

闇金に口座を譲渡すると逮捕される可能性がある

逮捕

 

新規で口座を開設して闇金に渡した場合

 

銀行に対する詐欺罪に該当してしまいます。よって処罰される可能性があります。

 

元々持っていた自分の口座を闇金に渡した場合

 

⇒預金口座等の不正利用防止法の違反に該当するため、処罰される可能性があります。

 

闇金が口座を犯罪行為に使った場合、犯罪行為に加担したことになる

オレオレ詐欺

 

闇金は債務者から譲渡された口座を、闇金業務やオレオレ詐欺などの犯罪行為に使います。

 

その為、闇金に渡した口座を放置していると、口座を渡した者は犯罪に手を貸したことになってしまいます。

 

その結果、警察から取調べを受けたり、逮捕されてしまう可能性があります。

 

口座が凍結されてしまうため、今後の生活も困難になってしまう

口座凍結

 

銀行からも口座が凍結されてしまい、今後同じ銀行で口座が作れなくなってしまう可能性もあります。

 

その場合、給料の受け取りが出来なくなったりと、実生活に支障を来たしてしまいます。

 

警察に処罰されるリスクについて

職務質問

 

上記で説明した様に、もし闇金に自分名義の口座を渡してしまっていたとしたら、犯罪行為を犯していることになります。

 

2次被害を防ぐために警察への申告は大事なことではありますが、そのまま取り調べを受けて逮捕されてしまう可能性もあります。

 

 

口座譲渡で逮捕されない為に出来ること

逮捕されない為に

 

逮捕されないためには、闇金に詳しい法律家のアドバイスを元に行動することで逮捕のリスクを下げることができます。

 

法律家を味方につけてピンチを乗り切る

弁護士

 

口座の解約はいつ行うべきか?』『警察にはどの様に説明をするべきか?』という点について担当の弁護士や司法書士に確認をしておきましょう。

 

また、口座譲渡した闇金と離れる為に、既に法律事務所に対応を依頼している。と警察に伝えるだけでも、『しっかり対応しているな』『闇金の仲間では無いのだな』という印象を与えることも出来ます。

 

法律家は依頼者の利益を重視してくれるので、少しでも依頼者に社会的なダメージを伴わない対応をサポートしてもらえるのがメリットと言えます。

 

相談は無料で行われています

弁護士無料相談

 

闇金に関する対応を依頼した場合、1社に付き5万円程度の費用がかかります。

 

しかし、相談だけなら無料で行われています。

 

もし、「口座を渡してしまった」 という状況にお困りでしたら、以下の法律事務所の無料相談をご利用下さい。

 

⇒闇金に強い法律事務所の無料相談はコチラ|24時間対応

 

刑事事件はスピード勝負なので、早めに相談をして行動を起こさないと、本当に取り返しの付かないことになります!

 

決して対応を後回しにしない様にお気をつけ下さい。

 

法律事務所は、警察にバラしたりしないのか

 

法律事務所には守秘義務がありますので、例え相談者が犯罪行為をしていたとしても刑事告訴することは出来ません。

 

少し不思議に思われるかも知れませんが、弁護士や司法書士の決まりではその様になっています。

 

それよりも、少しでもアナタが逮捕されないように知恵を貸してくれるはずです。

 

⇒闇金に強い法律事務所の無料相談はコチラ|24時間対応

 

↑もくじへ戻る↑

ヤミ金(闇金)にスマホや口座を契約して郵送したら逮捕?対処法はコレ


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


ヤミ金(闇金)にスマホや口座を契約して郵送したら逮捕?対処法はコレ


↑無料の電話相談はこちらから↑

ヤミ金(闇金)にスマホや口座を契約して郵送したら逮捕?対処法はコレ


闇金情報のシェア等にお役立て下さい。