闇金から会社に電話※取り立てはココまで酷い?対処方法でクビを防止

闇金から会社に電話※取り立てはココまで酷い?対処方法でクビを防止

闇金から会社に電話※取り立てはココまで酷い?対処方法でクビを防止

闇金から会社に電話された

 

闇金から会社に電話が入ると
  • 社内での印象が悪くなる
  • 会社に居られなくなることもある
  • 闇金に強い法律事務所を使ったリカバリーが可能

 

闇金に強い法律家でリカバリー

弁護士

 

「被害者は闇金からは借りた訳ではなく、個人情報が何らかの形で漏れてしまった様です」と、法律家からこの様に説明することで、被害者の名誉を守ることも可能です。

 

 

上記の様な対応は、「ジャパンネット法務事務所」が得意としています。

 

ジャパンネット法務事務所

 

⇒今すぐ電話で相談!ジャパンネット法務事務所はこちら

ジャパンネット法務事務所では、闇金への即日対応だけでなく、会社に対する事情の説明まで行っています。

 

⇒闇金に強い法律事務所の一覧はこちら

 

 

 

闇金から会社に電話をされた・・この先、最悪の場合どんなことが起こるのか?

クビ

 

何を「最悪」と感じるのか?その人の価値観にもよりますが、職を失うことは間違いなく「最悪」のケースと言えます。

 

自分だけでなく、家族や身内の職場にも連絡が及ぶことで、身内の名誉を傷つけてしまうのも自分が職を失う以上に辛いものがあります。

 

闇金の電話や取り立てが会社に及ぶことで起こり得る最悪のケースは、主に以下の通りです

 

闇金から会社に回線がパンクするほどの電話をされる

電話が切れない

顧客の支払いを促す為に、闇金業者は顧客の会社に何度も電話をかけます。
もしくは、いつまでも電話を切らなかったりと業務が行えない状態になってしまいます。
顧客の信用や名誉を損なわせる暴言を使うことも特徴的です。

 

闇金が会社まで消防車・救急車を呼ぶ嫌がらせ

消防車
顧客の勤める会社まで、消防車救急車を呼びつける嫌がらせです。
職場付近が騒ぎになり、顧客に圧力をかけることが目的で行われます。

 

 

闇金が会社へ大量のピザの出前を嫌がらせで送りつける

ピザ 闇金

顧客の会社まで数十枚のピザをイタズラ注文して送りつけます。
寿司やカツどん、ピザなどの出前攻撃は、闇金が良く行う嫌がらせの1つです。

 

 

上記の闇金の嫌がらせにより顧客が職を失ってしまう

クビ

闇金の嫌がらせは顧客の名誉を傷つけることで、元利金を支払う様、追い込むことが目的です。

 

放置していると嫌がらせはエスカレートし、闇金の被害者が解雇されてしまうことも珍しくありません。

 

コンプライアンスがしっかりしている公務員や銀行員などは、闇金との関わりが発覚するだけで昇進に関わる為に、いつまでも闇金の言うなりになってしまう傾向があります。

 

顧客の身内の会社へ闇金からの嫌がらせが及ぶ

 

顧客の会社だけでなく、顧客の配偶者や親戚の職場にまで、闇金が嫌がらせを行うことがあります。

 

「顧客にとっての不名誉」をとことん攻めることで精神的なプレッシャーを与え、元利金を取り立てることが目的です。

 

 

 

闇金から会社に取り立て電話が来たら?クビにならない対処方法

闇金で会社をクビにならない為の対処法

 

それぞれ、緊急度に合わせて対処方法をまとめています。

 

 

ヤミ金が会社に営業妨害をした場合の対処方法

 

対応の選択肢
  • 警察
  • 闇金に強い弁護士
  • 居留守など自己流対策

 

警察が動いてくれるという事は、既に手遅れ?

警察

闇金による営業妨害と呼べる程度の嫌がらせが生じた場合、会社から被害届を出すことで警察が動いてくれる可能性があります。

 

しかし、闇金が会社に営業妨害を行っている場合、に限られます。

 

会社にここまでの嫌がらせが起きてしまうと、その人が会社をクビになるかどうかは、社長や上司の判断に委ねられます。

 

出来れば、闇金から会社に営業妨害が起きる前に、闇金に強い法律家を介入させておくことが望ましいです。

 

 

闇金に強い弁護士は即効性のある対処方法

闇金に強い弁護士

闇金に強い弁護士は、5万円程度の費用がかかるものの、「取立ての永続的な停止」という点で即効性のある対処方法です。

 

弁護士(司法書士)によっては、闇金から会社に電話が入ってしまった場合に「依頼者は個人情報を悪用された被害者である」というフォローをしています。

 

よって、「闇金の被害者が会社をクビにならない為の、最も適切な行動」は闇金に強い弁護士への相談、依頼です。

 

⇒闇金に強い弁護士の無料相談(今すぐ電話相談可)

 

自己流の闇金対策はリスクが高いのでオススメ出来ない

自己流の闇金対策・対応

 

なお、被害者が辞めたことにするなどの「自己流の闇金対策」は、会社が取り立てに遭ったりと被害が拡大する可能性があります。

 

闇金は「一般人がどうしたら苦しむのか」を熟知している為に、今より酷い嫌がらせを受ける可能性があります。

 

その為、おすすめ出来ません。

 

 

ヤミ金から会社に電話がかかって来ている段階の対処方法

闇金から会社に取り立て電話

 

「営業妨害」を受けていない状態だと警察も動き辛い

 

一般人がヤミ金業者について警察に相談しても、警察は動いてくれる保証はなく、動くまでに時間がかかるという問題があります。

 

参考記事:闇金の取り立てに警察は動かない?

 

警察に警告電話をかけるように掛け合うのも選択肢の一つですが、

 

「警察が動いてくれるまでに時間がかかってしまう」「闇金は警告電話後も嫌がらせを辞めないことが多い」ことから、営業妨害にまで発展する恐れがあるので注意が必要です。

 

「被害者の名誉を守る」ことを優先するなら、闇金に強い弁護士の対応がダメージが少なく済みます。

 

闇金による嫌がらせで、会社からの印象が悪くなる前に手を打つなら

闇金の嫌がらせで会社からの印象が悪くなる前に

 

会社まで闇金の連絡が入った時点で、闇金に強い弁護士に連絡をすることが、被害者の名誉を守る上で効果的です。

 

その理由は、以下の3点です。

 

  1. 闇金に強い弁護士は対応が早い(闇金対応はスピード勝負だと分かっている為)
  2. 闇金は専門の弁護士の介入を引き際と考えていることが多い
  3. 会社に事情を説明してくれる法律家も居る

 

例えばジャパンネット法務事務所では、「闇金から電話が入ってしまったのは、被害者が闇金借りたからではなく、個人情報が漏れてしまったため」というフォローを被害者の職場に行っています。

 

⇒ジャパンネット法務事務所の公式ページ

 

 

会社からの印象を回復させるには

 

なるべく早く闇金に強い法律家に依頼をして、上手く良い訳をしてもらう。ことが有効です。

 

上記した様に、被害者の会社へのフォローはジャパンネット法務事務所が協力的です。既に会社に闇金から電話をされてしまった方は相談だけでもしてみて下さい。

 

⇒ジャパンネット法務事務所の公式ページ

 

会社のコンプライアンスが厳しいので一度たりとも会社に連絡されたくない場合

 

まだ会社への電話は発生していないが、万が一にも闇金から職場へ連絡をされては困るという場合です。

 

Duelパートナー法律事務所では、公務員、保険会社の方など高コンプライアンスの方用に、嫌がらせを一切発生させない対応も行っています。
※闇金からの嫌がらせが未発生のまま終わるかは被害者の状況によります。

 

和解が上手く行った場合には嫌がらせの再発は起こっていないとのことなので、ご自身やご主人の職場のコンプライアンスが厳しい場合は相談してみると良いでしょう。

 

⇒Duelパートナー法律事務所の公式ページはこちら

 

 

闇金からの会社への電話・嫌がらせの発生パターン

 

闇金から会社や職場への電話について以下の様なケースが想定できます。

 

回線が埋まるほどの鬼電(おにでん)

鬼電

通称鬼電(おにでん)と呼ばれる回線がパンクしそうになるほど、何度も電話をかける行為です。
会社にこの鬼電をされると業務に支障が生じてしまい仕事になりません。

 

延々と話しを続けられ電話が切れない

電話が切れない

実際に当サイトが募集した体験談でも寄せられていますが、闇金の目的は『嫌がらせ』です。

 

嫌がらせによって被害者が『お金を払うから辞めてくれ』という状態に追いこむ、もしくは会社の従業員に肩代わりさせることが狙いです。

 

ヤミ金業者は、激しい罵声や、電話を取った者に延々と喋り続け業務を滞らるなどの営業妨害を行います。

 

借りていなくてもキャンセル料請求で会社に電話がかかることもある

怖い

ネット等から申し込んだものの借りるのをやめたという場合、キャンセル料としてお金を請求してくることがあります。

 

会社の連絡先を緊急連絡先として記入していなければ会社まで連絡が生じることはありません。

 

しかし、会社の連絡先を記入してしまった場合には電話がかかってくる可能性があります。

 

闇金から借りてないのに取り立ての電話が入る|キャンセル料請求

 

闇金からの勧誘電話が会社までかかってくる

闇金から勧誘

 

闇金からの勧誘がしつこく、会社までかかってくることもあります。

 

信用情報に問題がある場合、自分の名簿が闇金業者に売られてしまうという経緯でこの様な事態に発展することがあります。

 

夫が借りた闇金から妻の職場へ電話

夫婦

 

闇金から夫が借りた借金について、妻の職場へ取り立て電話が及ぶというものです。

 

闇金は債務者の緊急連絡先を聞き、その周囲の人間からお金を回収しようとします。

 

例えば、夫が闇金から借金をし、その妻の職場や実家そのお隣さんにまで取立てが来たというケースも珍しくはありません。

 

闇金業者は、被害者に対して「恥ずかしい」「不名誉な思い」をさせることで、お金を支払わせようという魂胆を持っています。

 

大学職員に対して生徒の支払いの肩代わりを要求

大学職員室

 

大学の生徒が闇金から借りたことで、大学の事務室や職員室に闇金からの取立てが生じるケースです。

 

「職場」とは少し異なりますが、学生が闇金業者に手を出してしまった場合、職員室や事務室に対して取立てが発生することがあります。

 

ネット等で見つけた業者が実は闇金で会社にまで連絡が来た

パニックOL

インターネットなどで見つけた金融業者が実は闇金だったというケースです。

 

闇金と知らずに闇金からお金を借りてしまう方は多く、当サイトに寄せられる体験談でも多くの割合を占めます。

 

闇金は闇金だと分からない様に、正規の金融業者を装って集客をしているために、この様な事例は多くなります。

 

会社までイタズラで出前を届けたり、救急車を呼んだりする

ピザ 闇金

 

闇金の嫌がらせの方法として、ピザや寿司の出前をイタズラで債務者の家まで届けることがあります。

 

例えば、誰が頼んだのか分からないピザが数十枚ほど会社まで届き、闇金の顧客は自分から名乗り出ることも出来ず、かなり気まずい思いをすることになります。

 

救急車や消防車をイタズラで呼びつけることもあるため、周囲に対して悪目立ちをしてしまいます。

 

闇金業者の狙いは、このように心理的に顧客を追い詰めることで、無理やりにでもカネを支払わせることです。

 

 

↑TOPへ戻る↑

 

 

会社に電話をかけてくる闇金への対処方法|間違っているもの正しいもの

 

闇金の対処方法としては以下の様な手法があります。

 

会社に電話してくる闇金に対して、自分で交渉

 

闇金業者と自ら和解しようという試みについてですが、推奨できません。
理由は闇金からの嫌がらせがエスカレートする可能性が高いことと、闇金業者により多くのお金を取られてしまう恐れがあります。

 

「○○万円振り込んだら嫌がらせをやめてやる」と言われ○○万円を支払ったとしても、「もう○○万円振り込んだら考えても良い」と、いつまでも、お金を要求されてしまいます。

 

「引いた方が得がある」と闇金に思わせる交渉材料を持たない個人では、交渉はほぼ不可能です。

 

闇金からの電話に対して、会社を辞めたことにしてもらう

 

会社の社長さんや、従業員が、ヤミ金業者の被害者が「会社を辞めたことにして」匿うケースです。

 

しかし、この対応もリスクが伴うため、安全な方法とは言えません。

 

理由としては、被害者の代わりに会社が取り立てに遭うことになってしまうためです。

 

会社もボランティアでは無いので、不利益になる従業員は解雇しなければならなくなります。

 

闇金の対応が未経験の弁護士は、会社への電話を止められるか?

 

「弁護士だから何でも対応できる」という訳ではありません。弁護士というものは万能では無いのです。

 

それぞれ、弁護士にも親権問題だったり、債務整理、刑事事件といった得意分野があります。

 

弁護士も専門外の仕事に関しては十分なパフォーマンスを発揮することは出来ないということです。

 

医者の世界に例えると、皮膚科に骨折の相談をしても「形成外科に行ってくれ」と言われてしまいますね。あの感覚に似ています。

 

闇金対応に慣れていない弁護士が、ヤミ金業者に一度電話をかけただけで問題を解決できずに、依頼者が放置されてしまう事例を多く見かけます。

 

闇金業者との交渉には、専門のノウハウと、闇金の脅迫に対して怖気づくことのない「度胸」が求められます。

 

よって、どうせお金を払って弁護士を雇うのなら、闇金に強い弁護士を雇わないと勿体無いです。

 

クレサラ被害者の会への相談で、闇金から会社への連絡を防げる?

 

「闇金から会社に連絡される前に手を打つ」という意味では少し頼りない印象です。

 

クレサラ被害者の会は、クレジットカードや、サラ金の借金問題について被害者を社会復帰させることが目的になっています。

 

全国の63団体が加盟しており、対応の方針については地域によって差異があります。

 

会に出席して「お金を借りるのを我慢する」ということを宣誓しあい、借金に対する依存症を克服する取り組みなどが行われています。

 

メリットとしては、窓口で相談に乗ってもらえるので一人で悩むよりも良い精神状態に近づけますし、少なくとも「何をすべきか?」が分かります。

 

しかし、闇金問題については、弁護士に相談する為に会に出席する必要もあり時間が掛かります。

 

弁護士費用の他に会費が必要である点に不満の声もあります。被害者の会を装った、闇金(整理屋)も居るため気をつけなければなりません。

 

 

法テラスは会社への闇金の取立てを防ぐことが出来る?

 

スピード感が遅く、審査で2週間以上待たされることもあります。急いでいるのならオススメできません。

 

民事効率扶助(みんじほうりつふじょ)という制度を使うことで、弁護士費用を5000円程度から分割払いできる点がメリットです。

 

しかし、電話窓口のスタッフは法的な知識は無く、あくまで弁護士との面談予約のみが出来ます。
公的な窓口である為「闇金に強い」という弁護士を紹介することが出来ないとのこと。

 

  • 予約を取り付けて、現地に行ってみても弁護士が頼りなかった
  • また弁護士の予約を取り直さなければならない
  • 実際に依頼をしたいが審査で2週間以上待たされる
  • 闇金から会社に電話されないかヒヤヒヤしているのに

 

法テラスの場合、上記の様な状態になってしまうことも考慮しておく必要があります。

 

闇金は身体的な被害よりも、社会的・経済的な被害をもたらすので、対応はスピードが命です。

 

時間に余裕の無い場合には、法テラスへの相談はあまり推奨は出来ません。

 

 

警察は闇金が会社に電話しない様に対処してくれる?

 

警察が本気を出せば、闇金の取立てを止めることは可能です。
しかし、闇金トラブルで警察が動かない?警察を動かすポイントを紹介!の記事で紹介している様に、警察を動かすまでの手続きや証拠集めに手間や時間がかかります。運が良ければ動いてもらえますが、基本的にスピード感は期待できず。秘密厳守に協力してくれる保証はありません。

 

既に、闇金から会社に対して営業妨害レベルの嫌がらせが行われている場合には、会社から被害届を出すことで警察が動いてくれることがあります。

 

まだ会社への嫌がらせが発生する前でも、警察を上手く説得することで闇金に警告電話をかけて貰えることもあります。

 

ただ、状況証拠を揃え、尚且つ警察署の生活安全課に実際に通わなければならないため時間に余裕のある方向けです。

 

闇金に強い専門の弁護士は、闇金から会社への電話を止めるという点で最も即効性がある。

 

闇金被害者の事情を分かってくれているので、迅速に動いてもらえます。7〜8割の闇金が1日で取立てをやめます。

 

闇金業者が闇金対応に長けた法律家に関わると、高いコストをかけて手に入れた「トバシの携帯」、「トバシの通帳」が凍結されてしまう恐れがあります。

 

また、弁護士というものは一般の方よりも警察に対しての影響力が大きいので、警察が本格的に動く可能性もあります。

 

闇金に強い弁護士は、闇金に対して「金銭面でのダメージ」、「営業そのものを困難にしてしまうリスク」、「逮捕という社会的なダメージ」というカードを持っています。

 

よって、闇金に「引いた方が得だな」と思わせる交渉が可能になります。

 

デメリットとしては、費用が5万円程度かかります。

 

しかし、そのスピード感から『職を失わない為に』という点で最も推奨できます。
また、少ない可能性ではありますが闇金からお金を取り返す望みがあります。

 

 

最近の闇金は債務者の目の前に現れる頻度は少ないものの、遠隔からでも行える陰湿な嫌がらせを行います。

 

その嫌がらせによって、職場での印象が悪くなったり、名誉を傷つけられることを避ける為にも闇金問題には迅速な対応が求められます。

 

 

 

 

法律事務所へ依頼して復讐されないのか?

疑問

 

7〜8割程度の闇金問題は即日で解決し復讐と呼ばれる嫌がらせは発生しません。

 

ただし、被害者の借入額によっては電話で罵声を浴びせられたりと言った攻撃程度は受ける可能性はあります。

交渉が難航するのはこんな時

 

  • 極端に言うと、「闇金から50万円借りて、1円も返さずに弁護士に駆け込んだ」ということになると、闇金との交渉が難航する場合があります。
  • 闇金の中にもタチの悪い者が居るため、業者によっては難航する可能性もあります。
  • 弁護士が闇金対応の実績もノウハウも持っていなければ、闇金の嫌がらせをストップさせることが出来ない場合があります。

※弁護士なら誰でも良いわけでは無いのでご注意下さい。

 

 

まとめ

 

  • 闇金の対策は比較的緊急性が高い
  • 会社に連絡が入ってきた場合、弁護士(司法書士)のフォローで名誉守ることも可能
  • 会社からの印象を守るためには迅速な行動が求められる

 

会社に闇金の嫌がらせが発生すると同僚からの印象が悪くなり、会社に居づらくなります。最悪の場合には会社に居られなくなる恐れもあります。

 

ポイントは、闇金が動く前ににこちらが動くということです。

 

既に会社に電話をされてしまった場合には、「フォローが出来ないか?」を闇金に強い法律事務所に相談してみましょう。

 

闇金から会社に電話※取り立てはココまで酷い?対処方法でクビを防止


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金から会社に電話※取り立てはココまで酷い?対処方法でクビを防止


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金から会社に電話※取り立てはココまで酷い?対処方法でクビを防止


闇金情報のシェア等にお役立て下さい。