勝手に闇金の保証人にされた!支払う必要性と対処法

勝手に闇金の保証人にされた!支払う必要性はあるか?対処法について

勝手に闇金の保証人にされた!支払う必要性はある?その対処法は

契約書と判子

 

 

どうやら兄が闇金と契約をしており、その際に自分を勝手に保証人にしているとのこと。

 

闇金業者からは、「代わりに金を払え」と取立てを受けている。

 

この様な状態の場合、保証人は支払わなければならないのか?

 

 

闇金の保証人にされたとしても法的には支払う必要はありません。

弁護士

 

法的には闇金の借金自体に支払い義務が無いとされています。

 

2008年の判決から闇金の借金には元本さえも返済する必要は無いとの見解が一般的になりました。

 

闇金の返済義務についての判例

 

また、民法708条の「不法原因給付」という観点から、違法に貸付けたお金には返済の義務が生じないものとされています。

 

正規の消費者金融に勝手に保証人にされてしまっている場合には、「無権代理行為」を証明する為に裁判などの手続きが必要になるのですが、闇金の場合には問答無用で返済不要となる為、対応としてはシンプルなものになります。

第三者である、アナタに闇金から連絡が入った経緯

 

闇金に緊急連絡先・個人情報を知られて大丈夫?起こり得ることと対策

 

こちらの記事でも取り扱っていますが、闇金業者は顧客に貸し付ける際に、必ず3人程度の個人情報を確認しています。

 

闇金の用語で「緊急連絡先」と呼ばれるものです。闇金業者が信用の無い者に貸し付けられるのは、この第三者の連絡先を担保として控えているためです。

 

借りた本人と連絡が取れない場合に、本人の周囲に迷惑をかけて本人を払わせる気にさせたり、周囲の者から直接取り立てるという目的で確認をしています。

 

緊急連絡先から起こり得る被害

  • 友人から勝手に闇金の保証人にされた
  • 義母から勝手に名前を使われた
  • 兄の闇金の借金の件で取り立てを受けた
  • 主人が闇金で自分の名義を使い、妻である自分の職場にまで取り立ての電話が入った

勝手に闇金の保証人にされた場合の対処方法

弁護士に闇金相談

 

闇金と真正面から戦うのは危険

 

闇金は法的に正しくないなどと言うことは承知の上で取り立てを行っています。

 

また、闇金は一般人が嫌がることを熟知しています。

 

その為、「法的に支払う必要は無いから払いません!」と真正面から宣戦布告をしてしまうのは危険です。

 

嫌がらせがエスカレートする恐れがあり、保証人と言えども精神的に追い詰められてしまう危険性があります。

 

警察の場合

 

参考記事:闇金の取立てに警察は動かない?相談して対応して貰う為のポイント!

 

上記の記事を参考に交渉をすることで、うまく行けば闇金に対して警告電話をかけてもらうことが出来ます。

 

しかし、勝手に保証人にされたという場合に関わらず、闇金問題を警察に相談しても「無視して下さいね」と帰されてしまう可能性が高いです。

 

警告電話の後、嫌がらせが継続するケースが多い

 

警察に被害届を出しても捜査義務は発生しません。その事を闇金業者も知っているため、一度の警告電話だけでは闇金業者が引いてくれないことも多々あります。

 

会社が嫌がらせを受けた場合は会社から通報することで動いてもらいやすい

 

会社に対して営業妨害をされたという場合には、会社から被害届を出すことで刑事課が担当になり警察が動いてくれます。

 

しかし、個人の場合は担当は生活安全課であり、警察に動いてもらう為には事前の準備と、根気と、時間が必要です。

 

スピード勝負の闇金対応において、警察を動かすことに拘っていると被害が拡大してしまう危険性があります。

 

スピーディーに解決できるのは闇金に強い法律家

闇金に強い弁護士
弁護士、司法書士のいずれでも良いのですが、闇金対応に特化した法律家が全国にいます。

 

闇金対応に慣れた法律家は、警察との繋がりを持っており、警察が動くのに必要な専門的な手続きを行うことも出来ます。

 

その為、闇金業者は闇金業者との交渉に慣れている弁護士や司法書士が介入すると、その顧客からは7割程度が即日で離れていきます。

 

闇金業者との交渉が行える弁護士は、闇金の商売道具である身元の分からない携帯電話や口座を強制凍結する術も持っています。

 

その為、闇金業者としても一人の顧客に拘って逮捕や損失を被るリスクを抱えたくないのです。

保証人にされた親族よりも、闇金と契約した本人から法律事務所へ相談させることが望ましい

本人

闇金が信用の無い者にお金を貸す理由は、親・兄弟・会社・親族など契約者の周辺からお金を集めることを前提にしているからです。

 

勝手に保証人にされてしまったということで、専門の法律事務所に仲介に入ってもらうことで取り立てを止めることは可能です。

 

ただ、保証人にされた者が闇金と関係が切れたとしても、闇金と契約した本人の周りから、また、別の被害者が生まれてしまう可能性があります。

 

その為、出来る限り闇金と契約した本人から法律事務所へ連絡をさせて、闇金との関係を切る方針で動くことが抜本的な解決となります。

闇金から借りた本人が行方不明である場合

 

闇金から借りた本人が行方不明である場合、まずは目の前の闇金問題を対処しなければなりませんので、保証人にされた身内の方から専門の法律事務所に依頼することになります。

 

『見つからない本人を探している間に、ご近所にまで迷惑がかかってしまった』という事態にもなり得る可能性がある為、まずは目の前の取立てを停止させることが先決です。

 

行方不明の本人を探したいという場合

 

事前に闇金と関わっており、その後行方不明になっている旨を警察の生活安全課まで相談することで捜査して貰える可能性があります。

 

基本的に、成人が自分の意思で家出していたり、借金や夜逃げで家出していた場合には捜査は行われません。

 

捜索願を出して警察が動いてくれるのは遺書が見つかっていたり、殺人・誘拐などの事故に巻き込まれた可能性がある場合のみです。

 

探偵の人探しについて

 

『事件性が無く警察に動いてもらえない』『あまり騒ぎにしたくない』という場合には費用はかさばりますが探偵を使うことになります。

 

費用は成果報酬で10〜70万円/1日 300万円〜2000万円/1月 程度と高額になるのでご注意下さい。

まとめ

  • 勝手に保証人にされた場合、法的には支払う必要は無い
  • 自分で闇金と交渉するのは危険(話しが通じる相手では無い)
  • 保証人への嫌がらせを止めるには闇金専門の法律事務所へ相談
  • 抜本的な解決を目指すなら闇金と契約した本人から法律事務所へ連絡させること

 

闇金と契約をしてしまった本人から専門の法律事務所で手続きをさせることが理想です。

 

しかし、本人が見つかるまで待っていると被害が拡大してしまう可能性がある為、まずは目の前の取立てを止めることが先決です。

 

なお、闇金からの請求はデタラメな金額であり、終わりがありません。

 

一度でも支払ってしまうと、お金が無くなるまで何度でも請求してくる恐れがありますので、要求には応じない様にご注意下さい。

勝手に闇金の保証人にされた!支払う必要性はあるか?対処法について


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


勝手に闇金の保証人にされた!支払う必要性はあるか?対処法について


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金被害投稿フォーム

↑詳細はタップ↑


闇金情報の提供にご協力をお願い致します。