闇金 返済義務 判例

闇金の返済義務についての判例

闇金の返済義務について最高裁判所やその他の判例について

闇金の返済義務など

 

闇金の返済義務について最高裁判所の判例を紹介いたします。

 

最高裁判所の判決が出たのは2008年(平成20年 6月10日)です。

 

内容がとても長く、読みにくいものになっていますが、

 

この判決の重要な部分は以下の内容になっています。

 

反倫理的行為に該当する不法行為の被害者が、これによって損害を被るとともに、当該反倫理的行為に
関わる給付を得て利益を得た場合には、同利益ついては、加害者からの不当利益返還請求が許されないだけでなく、被害者からの不法行為に基づく損害賠償請求において損益相殺ないし損益相殺的な調整の対象として、被害者の損害額から控除することは、民法708条の主旨に反するものとして許されない。

 

 

「加害者からの不当利益返還請求が許されない」の部分が元本の返済不要をあらわしています。

 

「損害額から控除が許されない」の部分は、被害者が闇金に対して損害請求をする際に、
元本も含めて損賠賠償請求が出来ると解釈されています。

 

 

2005年 福岡高裁、その他下級裁判所の判決について

 

闇金の貸付は公序良俗に反するものとして、その契約自体が無効である。

 

よって、闇金から借りたお金の元本さえも返済の義務は無く、また闇金被害者の全員が、その金額の全てに対して返還の請求が出来る。

 

 

この判断は民法708条が判断の基準になっています。

 

民法708条について

 

不法な原因のために給付をした者は、その給付したものの返還を請求することができない。ただし、不法な原因が受益者についてのみ存したときは、この限りでない。

 

WikiBooksより引用

 

 

 

不法な原因とは法律に基づかない貸付のこと、法律を犯した契約はそもそも契約として成り立たないという考え方です。

 

この法律違反を犯した給付のことを不法原因給付と呼びます。

 

法律は法律を犯すものに手を貸してはくれないということです。

 

 

闇金からの借り入れはこの民法708条の不法原因給付という概念から、契約が無効とされ、支払いの義務はないものとなっています。

闇金に強い弁護士・司法書士が

無料で電話相談を受けています。


闇金の取り立て対策!弁護士の無料相談窓口(電話・メールOK)

↑無料電話相談はコチラをタップ↑