闇金の被害は弁護士と警察どっちに相談すべき?お金が返ってくるのは?

闇金の被害は弁護士と警察どっちに相談すべき?お金が返ってくるのは?

闇金の被害は弁護士と警察どっちに相談すべき?お金が返ってくるのは?

弁護士・警察、闇金はどっちに頼むべきか

 

 

闇金業者から嫌がらせや取立てを受けている場合、弁護士と警察のどちらに相談をするべきなのか?

 

この記事で警察・弁護士(司法書士)のメリット・デメリットをそれぞれまとめていますので参考にして下さい。

 

 

警察の闇金対応について

警察の闇金対応

 

警察のデメリット

 

  • 民事不介入の原則から基本的に動かない
  • 動かすまでに時間がかかる
  • 時系列で証拠や被害状況をまとめておく必要がある
  • 闇金に取られたお金は戻ってこない

 

警察のメリット

  • 費用がかからない

 

上手く行けば闇金に警告電話まではして貰える

 

警察は闇金対応については基本的に受け付けていません。民事不介入という原則があるため市民の「お金」の問題には関わりたがりません。
闇金対応で警察を動かす為には、「闇金に対して警告電話をかけて下さい」というはっきりとした意思表示が必要です。

 

また、証拠(口座・録音音声・時系列でまとめた被害状況)を出来るだけ揃えて、根気よく交渉する必要があります。

 

うまくいけば闇金に対して警告電話をかけてもらうことが出来ますが、警察が本格的な捜査に乗り出すことは少ないため、警告電話の後も闇金からの取立て・嫌がらせが続くことが多いです。

 

 

弁護士の闇金対応について

弁護士の闇金対応

 

弁護士のデメリット

  • 費用がかかる
  • 闇金に強い弁護士を選ぶ必要がある

 

弁護士のメリット(闇金に強い事務所に限る)

  • 解決が早い
  • 解決後も守ってもらえる
  • 依頼者の信用や利益を守ってもらえる
  • 闇金に取られたお金が返ってくる可能性がある

 

弁護士(司法書士含む)のデメリットは費用がかかることです、また闇金に強い弁護士を選ばなければ闇金と交渉が出来ずに良い結果が得られません。

 

「闇金に強い弁護士(司法書士)を見つける」というのは、現在の日本における闇金対応では絶対条件とも言えます。

 

闇金対応はスピード勝負なので、対応までに時間がかかってしまうと、その間に職場や家族へ嫌がらせが及んでしまい被害者は経済的にも精神的にも大きなダメージを受けてしまいます。

 

闇金専門の法律家は、このスピード感について理解があることが強みと言えます。

 

スマホや口座を送っている場合

スマホや口座を闇金に渡してしまった

  • スマホ譲渡は携帯電話会社への詐欺行為で処罰対象
  • 口座譲渡は銀行への詐欺行為、違法行為として処罰対象
  • スマホの支払いが残っているので後始末が必要
  • その銀行で口座が作れなくなる可能性があるので後始末が必要

 

スマホ・口座を闇金に渡してしまっている場合には警察から処罰される恐れがあったり、携帯電話会社への支払いが残ってしまったりといった問題があります。

 

「3年前の口座譲渡について銀行が被害届を出したことで警察から呼び出され取調べを受けた」という事例もあるので、この問題は放置はするべきではありません。

 

口座が凍結し、同じ銀行で口座が作れなくなるということになると、給料が受け取れなくなるなど生活に支障が出てしまいます。

 

闇金に強い弁護士であれば「口座・スマホに関しての後始末」についても詳しいのでアドバイスを聞いておくと良いでしょう。

 

お金が返ってくる望みがあるのは弁護士(司法書士)

闇金に取られたお金を取り返せる弁護士

 

闇金が使っていた口座を、振り込め詐欺救済法によって凍結させた際、その口座に残っていたお金を被害者に分配するという取り決めがあります。

 

つまり、「闇金が使っていた口座に残っていたお金を被害者に返す」ということです。

 

コレを被害者回復分配金と言います。

 

しかし、被害者回復分配金は、所定の期間内に専門的な手続きを行っていないと受け取ることが出来ません。

 

闇金の口座にお金が残っているかどうかがポイントになるので、必ずお金が返ってくるとは断言することは出来ませんが、弁護士(司法書士)に闇金対応をしてもらうことで、お金が返ってくる望みが得られます。

 

警察は市民の安全を守るが、市民の利益・信用・お金は守ってくれない

 

警察は市民の安全を守ることが仕事ですが、市民が損をする、恥をかく、という問題については助けてはもらえません。

 

闇金が職場に取り立ての電話を行えば、被害者は信用を失いますし、職を失う可能性だってあります。

 

職を失うことでお金が入らなくなれば、巡り巡って被害者は命が危ぶまれる訳ですが・・・警察は被害者の損得に関しては守ってはくれません。

 

「じゃあ警察って何なんだ!」という気持ちになってしまいますが、「お金や名誉を守りたければ警察ではなく弁護士に依頼する」というのが日本での適切な対処方法となります。

 

まとめ

  • 闇金対応はスピード勝負
  • 損得や名誉を守ってくれるのは警察ではなく弁護士
  • お金を取り返せるのは弁護士だけ(100%では無い)

 

警察では十分な闇金対応がされていないのが実情です。

 

不思議なことに、弁護士(司法書士)から警察に要請をすると、警察はスムーズに闇金を逮捕する為に動きます。

 

コレは、一般人の場合は被害届を取り下げる可能性があったり、警察が動くうえで十分な資料を揃えられないことから、警察も本腰を入れて動き難いという事情もあります。

 

「闇金にこれ以上お金を渡したくない」「取立てを止めたい」「お金を取り返したい」という場合には弁護士への依頼が現実的です。

 

ただし、闇金対応の経験の無い弁護士では交渉が出来ないので、闇金に強い弁護士(司法書士)を探すように心がけてください。

闇金の被害は弁護士と警察どっちに相談すべき?お金が返ってくるのは?


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金の被害は弁護士と警察どっちに相談すべき?お金が返ってくるのは?


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金被害投稿フォーム

↑詳細はタップ↑


闇金情報の提供にご協力をお願い致します。