闇金の対応|弁護士と司法書士で違いはある?どちらが良い?

闇金の対応は弁護士と司法書士で違いはある?どっちが良い?

闇金の対応は弁護士と司法書士で違いはある?どっちが良い?

闇金対応における弁護士、司法書士の違い

 

闇金対応についての弁護士と司法書士の違いとは?また、どちらに依頼するべきなのか?

 

結論としては、弁護士でも司法書士でも違いはほとんどありません。

 

弁護士であろうと、司法書士であろうと大事なのは、ヤミ金対応に慣れているかどうかです。

 

 

 

まず弁護士・司法書士の違いについて

弁護士とは

弁護士バッジ
身近に起きる事件やトラブルについて法的なアドバイスをして、代理人として依頼者を守る仕事をしています。

 

債務整理については債権額が140万円以上の場合でも対応することが可能です。

 

そして、弁護士でなければ「法律事務所」と名乗ることは許されません。

 

つまり、「法律事務所」という看板を掲げているところは全て司法書士ではなく弁護士が担当していることになります。

司法書士とは

司法書士バッジ
本来は不動産や会社登記を行うことが専門です。

 

債務整理については140万円以下まで受け付けることが出来ます。

 

司法書士の場合は「法律事務所」と名乗ることが出来ないので、「法務事務所」「司法書士事務所」と看板を出していることが一般的です。

 

 

闇金対応においての弁護士・司法書士の違い

 

弁護士か司法書士かよりも、まずは闇金に強いかどうか

闇金に強い 弁護士
闇金の取立てや嫌がらせを止めることが出来るかどうかは、弁護士か司法書士かということよりも、
「その法律家が闇金対応のノウハウを持っているか?」「闇金に対して腰が引けていないか?」ということが重要です。

 

たとえ弁護士であったとしても、闇金に対してのノウハウや経験が無ければ、取立てや嫌がらせを停止させることは出来ません。
闇金に対して毅然とした態度をとることが出来ず、『たった1度電話をしただけで嫌がらせが止まっても居ないのに放置されてしまった』という事例もあるので注意が必要です。

 

闇金対応については嫌がって受け付けてくれない事務所も多いので、その法律事務所や法務事務所が、「そもそも闇金対応を受け付けてくれるのか?」という点から気をつけなければなりません。

 

弁護士でも司法書士でも違いはほとんど無い

 

その法律家が闇金に対して強ければ、弁護士も司法書士も違いはほとんどありません。

 

闇金対応の主な流れは、「法律家が介入した」という事実を突きつけることで闇金業者に引き際を悟らせることです。

 

闇金に強い法律事務所であれば、毅然とした態度で交渉することで、7〜8割が1日で取立てが止まる傾向にあります。

 

闇金が取り立てを止める理由は、闇金に対してノウハウを持っている法律事務所からマークされることで逮捕されるリスクが高まる為です。

 

警察が本気を出せば、実は闇金というものは簡単に捕まります。

 

たとえトバシの携帯電話を使っていたとしても、「どのエリアから電話をしているのか」は経由している基地局を確認することで簡単に分かります。

 

お金を引き出す時には人かインターネットを使って引き出す必要があるので、どうしても証拠は残ります。

 

なので、警察が捜査をすることで闇金の居場所はすぐに分かりますし、逮捕することは難しいことでは無いのです。

 

闇金は、警察に対して目立たないようにすることで仕事を継続することが出来ます。

 

闇金という裏ビジネスは、案外ギリギリのところで成り立っているのです。

 

それでも個人が警察を動かしにくい理由は、「個人に被害届を途中で取り下げられると警察の捜査は全部無駄になってしまう」「ある程度の証拠を揃えて、何が違法なのか?を明確にしていなければならない」「警察はとても忙しく、闇金対応に割く時間が無い」というところです。
法律家からの告発は的確で、被害届を途中で取り下げるということもありませんから警察も動きやすいです。
また、警察も自分の仕事が無駄になることがありませんから動きがいがあるのです。

 

何より、一般の人よりも法律家の方が意見を尊重されるという辛い現実もあります。

 

弁護士は司法書士よりも闇金を取り締まるための権限が強い?

 

闇金が使っている携帯電話の強制解約、闇金が使っている口座の強制凍結については、弁護士も司法書士も独自の方法で行っている様です。

 

弁護士の強みは、刑事告訴の為の書類を警察署と検察庁へ提出できることです。

 

司法書士の場合は検察庁にのみ書類を提出することが出来ます。

 

しかし、司法書士事務所であっても警察と連携して対応している所も多いので、実務上の大きな違いは感じられません。

 

闇金の口座や携帯を解約できたり、警察を動かせるかどうかは、その事務所個々の人脈やノウハウに寄るところが大きいです。

 

費用に関して柔軟なのは司法書士という印象が強い

 

弁護士事務所の場合は、費用の分割は可能でも後払いには対応していません。

 

司法書士事務所の場合は、後払いに対応している事が多いです。

 

中でもジャパンネット法務事務所については、支払い能力の証明が難しい場合でも引き受けており、キャンセル料請求の対応は19000円で行っています。

 

ウイズユー司法書士事務所エストリーガルオフィスも司法書士の事務所ですが、受任する闇金の数が多ければ1社あたりの費用を値引きしています。

 

弁護士の場合はこの様な、後払いやケースに応じた値引きを行うことは少ないです。

 

 

債務整理と同じく140万円以上の闇金の借金は司法書士ではダメなの?

 

債務整理については、140万円以上の債務の相談、交渉、訴訟については弁護士で無ければ受任することが出来ません。
正規の金融機関からの借金については、140万円以下の借金についてのみ司法書士が債務整理を行うことが出来ます。

 

しかし、ヤミ金問題については、そもそも法律で認められていない債務なので、金額に関わらず司法書士でも対応できます。

 

ところが、例えば弁護士が担当しているDuel法律事務所では零細、中小企業を狙うシステム金融についても対応を受け付けています。

 

そして、何故か司法書士事務所のホームページではこの表記を見かけることはありません。

 

なのでヤミ金に関しても元本が高額であれば弁護士、小額であれば司法書士、という原則が有る程度受け継がれているように感じられます。

 

 

闇金対応は弁護士・司法書士のどっちが良い?

 

会社に連絡を入れられると困るという方は弁護士が無難

 

Duel法律事務所は弁護士が対応していますが、秘密厳守を重んじており、高コンプライアンスな職場の従業員にとって、闇金と関わりがあるだけで昇進が危ぶまれるという事情を理解しています。

 

弁護士は法律によって依頼者の利益を守ることが主な業務です。その為、単純に闇金からの取立てを止めるだけでなく依頼者の社会的なダメージに対しての配慮が強い傾向があります。

 

ただし、悪徳な弁護士も世の中には居ますので、弁護士の見極めはご注意下さい。

 

 

費用の支払いに不安がある方は司法書士が融通が利く

 

上述した様に、司法書士の場合は費用の支払いに関して弁護士よりは融通が利きやすいという特徴があります。

 

支払い能力が無いと判断されるとその後払いを断られることもありますが、ジャパンネット法務事務所の場合は、支払いが難しいような状況でも受任してくれるという特徴があります。

 

また、ウイズユー司法書士事務所エストリーガルオフィスなど、司法書士事務所は受任する闇金の件数によって値引きしてくれたりと費用に関して柔軟です。

 

ご自身で司法書士事務所を探される場合には、その司法書士事務所が「闇金に強いのか?」「アフターフォローはしてくれるのか?」ということは最低限確認しておきましょう。

闇金の対応は弁護士と司法書士で違いはある?どっちが良い?


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金の対応は弁護士と司法書士で違いはある?どっちが良い?


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金被害投稿フォーム

↑詳細はタップ↑


闇金情報の提供にご協力をお願い致します。