闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取立て・勧誘など)

闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取り立て勧誘など)

闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取立て・勧誘など)

闇金の電話を無視するのは危険?

 

闇金からの電話を無視したり着信拒否にしてしまいたい。

 

でもソレって危ないんじゃ・・?

 

状況によっては危なくもありますし、無視しても問題ないこともあります。

 

この記事を読んで頂くことで正しい対応方法が分かり、安心できる生活を取り戻すことが出来ますよ。

 

 

 

 

闇金からの勧誘の電話がかかってくる場合は無視しても大丈夫か?

闇金からの勧誘電話を無視

 

闇金からの勧誘電話については、基本的に無視して問題ありません。

 

しつこい様であれば着信拒否するのも有効です。

 

複数の闇金業者から勧誘されている場合、電話番号が闇金グループ内で共有されていることが考えられます。その場合には、面倒かも知れませんが電話番号の変更を検討しましょう。

 

警察から警告電話をして貰ったり、専門の弁護士に依頼して勧誘を1件1件対処していても、次から次へと勧誘の電話が発生するためキリがありません。

 

注意点 勤務先や家族の連絡先を知られている場合

 

例えば、闇金だと知らずにネット上の申し込みフォームに氏名・住所・緊急連絡先を入力してしまっている場合。

 

あなたが電話を無視することで、緊急連絡先の職場やご両親などに連絡が及んでしまうことがあります。

 

その場合、以下のキャンセル料請求の記事を参考にして対応を進めて下さい。

 

 

闇金からのキャンセル料請求の電話

キャンセル料請求を無視

 

お金を借りようと思ったが、途中で闇金だと気づいたり、「何か怪しい・・」と思って借り入れをキャンセルした場合。

 

闇金はキャンセル料としてお金を請求してくることがあります。

 

もちろん、法的に支払う必要の無いお金です。

 

キャンセル料請求に対する被害者の対処方法

 

キャンセル料請求の電話についても無視することが基本的な対応になります。

 

しかし、闇金から住所・勤務先・緊急連絡先として家族の連絡先を知られている場合には注意が必要です。

 

あなたが連絡を無視することで、勤務先や家族にキャンセル料の請求電話が及んでしまう可能性もあります。

 

キャンセル料請求、住所や勤務先を知られている場合の対応

 

2つの対応方針
  • 会社まで連絡が発生するリスクを承知の上で闇金からの着信を無視するのか?
  • 会社への連絡が発生すると困るので弁護士に依頼をするのか?

 

参考記事:闇金から借りてないのに取り立ての電話が入る|失敗しない解決方法

 

これはアナタの職場環境や、アナタがどうしたいのか?によって対応方針が決まります。

 

会社まで連絡が及ぶことも無い可能性もありますが、コレは闇金のタイプや、その時の温度感に左右されます。

 

つまり、「絶対に会社に連絡は発生しません」とも「絶対に会社にも連絡が及びます」とも、その時になってみないと判断が付かないということです。

 

⇒キャンセル料請求でも受任している法律事務所はこちら

 

キャンセル料請求の対応その1:無視・着信拒否

 

キャンセル料請求は支払う必要の無いお金です。

 

「闇金からキャンセル料を請求されているが、どうしたら良いのか?」と警察に相談しても「無視して下さい」という返答が返ってきます。

 

闇金の魂胆は「脅してお金を巻き上げよう」というものなので、「脅してもお金が回収できる気配が無い」と判断されると嫌がらせや着信は次第に無くなります。

 

しかし、相手も必死なので簡単なことではありません。

 

キャンセル料請求の対応その2:警察から警告電話をかけてもらう

 

警察から警告電話をかけてもらうことで、キャンセル料請求が収まることがあります。

 

⇒警察を動かすコツ

 

コレは時間も手間も多少かかりますし、動いてもらえない可能性もあります。

 

成功するかどうかは、事前の準備と、あなたのハッキリとした「警告電話をかけて下さい!」という意思表示が鍵になります。

 

警察にとっても、被害者が『どうして欲しいのか』という希望を伝えないと動き難い事情があるのです。

 

この警告電話を受けることで、闇金からのキャンセル料請求が止まることもあります。

 

警察が本格的に捜査するケースは少ないため、その事を知ってか闇金からの嫌がらせが再発するケースもあります。

 

キャンセル料請求で専門の法律事務所に対応してもらう

闇金に強い法律事務所

  • 警察が動かなかった
  • 会社や家族に知られる前に解決したい
  • とにかく不安なので今すぐ対応して欲しい

 

という場合には専門の法律事務所に依頼をしましょう。

 

法律事務所の場合は5万円(分割支払い可)ほど、費用がかかることがデメリットです。

 

しかし、『会社や家族に知られたくない』という場合、闇金が職場に連絡をする前に解決する必要があります。

 

この場合には対応にスピードが求められますので、即日で対応が可能な専門の法律事務所に依頼をすることが望ましいです。

 

以下の法律事務所では19,000円でキャンセル料請求の対応をしているところもあります。

 

⇒キャンセル料請求でも受任している法律事務所はこちら

 

専門の法律事務所のメリットとしては、受任後に交渉が始まると、すぐに闇金からの電話が止まります。

 

キャンセル料請求であれば即日で解決してしまうはずです。

 

法律事務所の場合、時間を置いてかかってきた同じ闇金からの電話にも追加費用なしで対応して貰える点もメリットの一つです。

 

↑もくじに戻る↑

 

 

闇金からお金を借りており、取立ての電話を受けている場合

闇金の借金の取り立てを無視

 

闇金からお金を借りている場合、恐らく、あなたの住所も勤務先も、緊急連絡先として家族の住所も知られている状態かと思われます。

 

その状況を前提に、闇金の電話を無視することの危険性を解説いたします。

 

闇金からお金を借りている状態で電話を無視するのは危険です。

 

今回の場合は自分の住所も、家族の連絡先も、勤務先まで知られています。さらに、お金を借りているため闇金も元利金を回収しようと必死になります。

 

闇金の借金の取り立て電話を無視していると、自宅にピザの嫌がらせが及んだり、勤務先や家族に嫌がらせが及びます。

 

その結果、職場での印象が悪くなって、職場居づらくなってしまったり、家族に取り立てが及んだ場合には実家に経済的なダメージ、社会的なダメージを受ける可能性が高いです。

 

闇金は取れるところからは、とことん、お金を取っていこうという考え方をしています。なるべく早く対処をしましょう。

 

闇金の取立て対策を警察に依頼する場合

警察

警察の中には民事不介入という価値観を持っている警察官がまだ少なくありません。

 

事件は警察、お金は弁護士(司法書士)』という言葉もありますが、世の中はこの言葉の通りに動いている部分が多いです。

 

しかし、被害者が「警察が動きやすい様に」対処をすることで動いてもらえる可能性はあります。

 

⇒闇金を警察に相談して動いてもらうコツ

 

にも書いてありますが、大事なのは

 

被害者が時系列で被害状況をまとめていること。

 

被害者が『闇金の被害に合っているので被害届を出しに来ました』『警告電話をかけて下さい』という、しっかりとした意思表示をすることです。

 

掛け合う課は「生活安全課」です。

 

警察も、『どうして欲しいのか?』ということを伝えないと動いてもらえませんので注意しましょう。

 

税金を払っている私たちとしては、『そんなこと、言わなくても分かりますよね?』と言いたいところですがね。

 

気持ちは分かります。

 

でも、グッと堪えて警察を動かす為に全力を尽くしましょう。

 

 

専門の法律事務所が最も損失を避けられます。

闇金専門の法律事務所

 

最初に、専門の法律事務所に依頼するには5万円程度の費用がかかります。

 

月1万円程度の分割は可能です。

 

以下の様な要望がある方には闇金専門の法律事務所が合っています。

 

こんな場合には闇金に強い弁護士へ
  • 今すぐに対応して欲しい
  • 身内や会社に内緒にしたい
  • アフターフォローをして欲しい
  • 闇金の口座からお金を返してもらう手続きに興味がある

 

専門の法律事務所ならではのメリット

 

  • お金が返ってくる権利を失わずに済む
  • 即日で動いて貰えるので職を失うリスクを避けることに繋がる
  • 会社や家族にバレない様に協力してもらえる
  • 対応した後に闇金から電話が入っても引き続き対応して貰える

 

専門の法律事務所に頼ることで得られるメリットは上記の4点です。

 

お金が返ってくる権利について

お金返ってくる権利

 

闇金が使っている口座が凍結した時にその口座内のお金を被害者に分配する制度があるのですが、

 

コレは期間内に手続きをしていないと権利を失ってしまいます。

 

この闇金口座からの返金手続きについては警察ではなく法律事務所が専門です。

 

確実にお金が返ってくる保証はありませんが、していないよりもしておいた方がお得かなという程度のものです。

 

闇金の嫌がらせで職を失うリスクを避けられる

闇金で職を失う前に

 

問題を放置していれば闇金の取立てが職場に及んでしまいます。

 

電話を無視しなくても、支払いが滞ればいずれ闇金は会社にも連絡をします。そうなる前に、専門の法律事務所が即日で動くことで職を失うリスクを減らせます。

 

警察の場合は警告電話ひとつ掛けてもらうのにも時間と労力がとにかくかかりますが、闇金に強い弁護士の場合は速やかに対応してくれるのが強みです。

 

また、闇金に強い弁護士の中には「闇金から借りたというわけではなく、個人情報が出回ったために電話が発生してしまった様です」と被害者を弁護してくれる事務所もあります。

 

その後も、引き続き対応して貰える。

 

闇金専門の法律事務所では、基本的に依頼した闇金業者が完全に被害者から離れるまで対応をしています。

 

対応後、数ヵ月後に闇金から連絡が入った場合にも無償で対応してくれることが多いです。

 

あなたが依頼する法律事務所にも、事前にこの条件について確認をしておきましょう。

 

闇金問題を法律事務所で解決するのはお得なのか?

 

月々1万円の分割払い×5回で職を失わずに済んだり、お金が返ってくる権利(確実に戻ってくるわけではありませんが)を失わずに済みます。

 

でも、闇金被害に遭っている状況だと、その『1万円』が凄く貴重ですよね。

  • その1万円を闇金に払うと、次は3万円を、ソレを何回も請求されます。
  • その1万円を法律事務所に払うと、数回払っておしまいです。

 

関わっている闇金業者が多い場合には費用がかさんでしまうかも知れませんが、
闇金に支払い続けるのに比べると、かなり楽になるはずです。

 

キャンセル料請求なら警察の警告電話で十分対応できる場合もありますが、

 

実際にお金を借りてしまっている場合には、警察のみでは対応は難しいのが原状です。

 

また、お金が返ってくる権利については法律事務所が専門です。

 

費用をとにかく安く抑えたいなら⇒1度警察にかけあってみる方針で動いてみましょう。

 

闇金の取立てを警察に相談して対応して貰うには

 

社会的な信用や仕事を失いたくない場合⇒専門の法律事務所に最初から行くべきです。

 

⇒闇金に強い法律事務所の無料相談はこちら

 

↑もくじに戻る↑

 

 

その他の状況について

 

  • 勧誘電話を受けている
  • キャンセル料請求の電話を受けている
  • 取立ての電話を受けている

 

のいずれにも該当しない場合は以下の記事を参考にして下さい。
少しでも、あたなの状況に近いものがあれば良いのですが・・

 

闇金の借金を完済したにも関わらず電話がかかってきている

 

この場合についても警察に交渉

 

ダメだったら専門の法律事務所という流れで対処すると良いでしょう。

 

闇金から社会的な信用を守りたい場合は最初から専門の法律事務所を使いましょう。

 

⇒闇金からお金を借りており、取立ての電話を受けているの記事を参考にして下さい。

 

 

勝手に保証人にされてしまった場合

 

法的には支払う必要はありません。

 

詳しくは以下の記事でもまとめていますが、出来る限り闇金と契約している本人が警察か法律事務所で対応をするべきです。

 

⇒勝手に闇金の保証人にされた!支払う必要性はある?その対処法は

 

会社の同僚あてに自分の会社まで電話がかかってきている

 

警察から警告電話をかけてもらうように依頼しましょう。

 

電話が業務に支障を来たすレベルであれば会社から被害届を出すのも有効です。

 

それでも止まらなければ法律事務所への依頼を検討してみましょう。

 

基本的には、その同僚が自分自身で法律事務所へ依頼をするのが最も望ましいです。

 

注意点として、法律事務所の場合はお金もかかります。タダではありません。

 

相場は闇金1社で5万円程度です(分割で約1万円ずつ払うことも出来ます)

 

相談だけなら無料ですので、何かしらの解決案は出してもらえるかもしれません。

 

↑もくじに戻る↑

闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取り立て勧誘など)


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取り立て勧誘など)


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金の電話を無視すると危険?失敗しない対処方法(取り立て勧誘など)


闇金情報のシェア等にお役立て下さい。