闇金の被害を警察に相談し、警告電話後も嫌がらせが終わらないケース

闇金の被害を警察に相談し、警告電話後も嫌がらせが終わらないケース

闇金の被害を警察に相談し、警告電話後も嫌がらせが終わらないケース

警察

 

今回は闇金の被害を警察に相談し、警告電話をかけてもらったのに嫌がらせが終わらないというケースについて解説をします。

 

警告電話をかけてもらったが闇金が嫌がらせをやめなかった

 

闇金業者に対して警察官が警告電話をかけてくれることがあります。

 

この警告電話によって嫌がらせや取り立てが止まることもあるのです。

 

しかし、警察官からの警告電話を受けても顧客への嫌がらせを止めない闇金業者が多く、最終的には弁護士や司法書士のところに駆け込む方が多いのが現状です。

 

警告電話後も闇金の嫌がらせが止まらなかったケース

 

 

警察に相談し、証拠などを時系列で揃えて交渉し、警告電話をかけてもらうことに成功したのですが、闇金業者からの電話や、会社に対する嫌がらせが収まりませんでした。

 

警察が警告電話をかけた時には「分かりました〜」と業者が従順なフリをするので、いたちごっこになってしまっています。

 


 

警察に相談しても闇金の捜査はしてもらえない

 

警察に闇金被害を相談しても、警察にはその闇金業者の逮捕に向けて捜査の義務が生じるわけではありません。

 

警察に相談したのに闇金が逮捕されないのはどうして?」と思ってしまいますが、闇金業者も「警察に駆け込まれても自分達は逮捕されない」という状況を利用して顧客に対して強気な取り立てを行っています。

 

また、闇金の事案を警察は嫌がる傾向があります。上記した様にイタチごっこになってしまったり、捜査をした場合には闇金業者は県外に居る為に捜査の費用がかかってしまう為です。

 

そもそも取り合ってもらえなかったという場合も多い

 

警察に闇金被害を相談するも、取り合ってもらえなかったというケースが大半です。

 

闇金相談を警察に取り合ってもらえなかった ケース1

 

警察官は相談には乗ってくれるが「闇金の取り立ては無視して下さいね」とだけ言われ帰されてしまい、具体的な解決方法についてはアドバイスは何も得られなかった。


 

闇金相談を警察に取り合ってもらえなかった ケース2

 

 

警察官に闇金4社から借りて支払えないことから取り立てを受けていることを相談したところ「借りたものは払わないと」「元金だけでも払いなさい」という指導を受けた


 

警察官は間違った指導をすることがあります

「闇金に対して払いなさい」という指導は行ってはならないものとして警察庁のマニュアルにて定められています。

 

間違った指導をした警察官の名前と課を抑えておいて警察庁に相談することで、警察官に指導をしてもらうことが出来ます。

 

弁護士経由で警察に連絡すると動いてもらえ易い

闇金対応している弁護士

 

闇金業者は弁護士(闇金に詳しい)が介入すると、その日の内に引いていくことが多いです。

 

コレは、弁護士が警察に交渉することで、闇金逮捕に向けて本格的に捜査が始まってしまう恐れが強いためです。

 

他にも、弁護士や司法書士(闇金に強い事務所に限る)は闇金の携帯や口座など闇金の商売道具を使えなくする手段を持っているため、闇金業者は1人の顧客に執着するよりも、その顧客を諦めて次の顧客を探そうと考えます。

闇金の被害を警察に相談し、警告電話後も嫌がらせが終わらないケース


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金の被害を警察に相談し、警告電話後も嫌がらせが終わらないケース


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金被害投稿フォーム

↑詳細はタップ↑


闇金情報の提供にご協力をお願い致します。