闇金に犯罪行為をさせられた。弁護士に相談して逮捕されない?

闇金に犯罪行為をさせられた。弁護士に相談して逮捕されない?

闇金に犯罪行為をさせられた。弁護士に相談して逮捕されない?

闇金関連の軽犯罪で逮捕?

 

闇金への返済が滞ると、闇金から犯罪行為をする様にそそのかされることがあります。

 

一番多いのが『口座を渡せ』というもので、次に多いのが『スマホを契約して郵送しろ』というものです。

 

他にも、他人の口座への振込を指示されたり、生活保護の不正受給などの軽犯罪が主なものになります。

 

この様な行為をしてしまった場合に弁護士・司法書士事務所への相談すると逮捕されるかどうかですが

 

結論としては法律事務所へ、仮に違法行為をしたことを伝えても逮捕はされません

 

どうして逮捕されないのか?

 

弁護士・司法書士には守秘義務があるため、

 

依頼主が仮に犯罪を犯したことを相談をしたとしても、原則としてその内容をもって刑事告発することはできません。

 

 

守秘義務とは・・

 

弁護士・司法書士は業務上取り扱った秘密を他に漏らしてはならないことになっています。

 

違反した場合

 

  • 弁護士・・・・・・・・・・6月以下の懲役又は10万円以下の罰金に処せられる
  • 司法書士・・・・・・・・・6ヶ月以下の懲役か50万円の罰金に処せられる

 

稀に例外もありますが、
「殺人」等の世間を騒がすくらいの犯罪行為でなければ、この守秘義務が覆ることはありません。

 

弁護士、司法書士にとっては守秘義務違反を犯した事実というものがいつまでも残ることになると仕事が出来なくなってしまいます。

 

その為、よほどのことが無い限り、進んで依頼主を刑事告発することをしたがりません。

 

 

そもそも本当に犯罪なのかを疑ってみること

闇金のウソ

 

闇金業者から「お前は犯罪を犯しているから、警察にも弁護士にも頼ることは出来ない」

 

と顧客が脅されていることがあります。

 

その様にして、闇金は顧客が誰にも相談できない状況に追い込んでいるのです。

 

しかし、実際に法律事務所へ相談してみると、「この方の言っていることは、全部デタラメですよ」と、全くの嘘だったというのがほとんどです。

 

法律事務所から少しでも罪にならない様に協力してもらえます

弁護士

法律事務所や法務事務所の仕事は、依頼者の利益を守ることです。

 

犯罪に手を貸すことはしませんが、どうしたら依頼者の罪にならずに済むのか、アドバイスをして貰えます。

 

警察に早期に届け出ることは、もちろん刑を軽くすることに繋がります。

 

しかし、法律事務所からアドバイスを得ることで「被害者」としての側面を警察にアピールし、刑罰を受けにくい状況を作りやすくなります。

 

事前に闇金専門の法律事務所へ闇金問題を依頼しておくことでアフターフォローとしてこれらの支援が得られます。

 

闇金問題を依頼する前に、担当の法律事務所に警察への事情説明等についてフォローをして貰えるのかを確認しておきましょう。

 

とにかく一人で悩まないこと

 

闇金から脅迫されている犯罪行為は「嘘」で犯罪でも何でもないという可能性もあります。

 

また、法律事務所は守秘義務があるので仮に軽犯罪程度の告白であれば、基本的にはそれを口外することはしません。

 

被害者自身に犯罪行為としての自覚がほとんど無く、あくまで闇金からの指示を受けてさせられていたのであれば、その事を弁護士・司法書士へしっかりと伝えて下さい。

 

弁護士・司法書士には最初から不都合なことも全て伝えることが大事です。

 

後から新しい事実が発覚すると、話がこじれて被害者を守れなくなってしまうためです。

闇金に犯罪行為をさせられた。弁護士に相談して逮捕されない?


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金に犯罪行為をさせられた。弁護士に相談して逮捕されない?


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金被害投稿フォーム

↑詳細はタップ↑


闇金情報の提供にご協力をお願い致します。