闇金相談に強い弁護士の選び方|失敗例を参考に被害解決までの手順やコツ

闇金相談に強い弁護士の選び方|失敗例を参考に被害解決までの手順やコツ

闇金相談に強い弁護士の選び方|失敗例を参考に被害解決までの手順やコツ

闇金に強い弁護士

 

闇金問題を解決する為には弁護士が介入することが最も早く確実な方法です。

 

そして、大事なのは闇金問題が得意な弁護士に相談、依頼をするということです。

 

皮膚科の先生に「風邪」を診てもらっても内科の受診を勧められる様に、弁護士にも得意な分野と苦手な分野があります。

 

弁護士選びを間違ってしまうと、闇金の取り立てや嫌がらせを停止することも出来ず弁護士費用が無駄になってしまうこともあります。

 

逆に弁護士選びさえ間違えなければ闇金問題を解決することは決して難しいことではありません。

 

この記事を読んで頂くことで、闇金に強い弁護士を間違えずに見つけることが出来ますよ。

 

 

 

闇金に強い弁護士の選び方・条件

 

  • 闇金対応について実績とノウハウがあること
  • 闇金対応を日ごろから積極的に受け付けている
  • アフターフォローがあること
  • 費用が明確で分割払いが出来ること
  • 元金の返済も不要であること
  • 電話で無料相談を受けてくれること

 

闇金に強い弁護士を選ぶ基準は上記の6点を意識しましょう。

 

闇金対応について実績とノウハウがあること

 

ここは闇金弁護士を選ぶ上で一番大事な「大前提」です。

 

弁護士は万能では無いので、その弁護士が得意な分野の仕事でなければ十分なパフォーマンスが発揮できません。

 

実績とは、今まで何件の闇金対応を解決してきたのか?ということです。

 

ノウハウとは、闇金と交渉して闇金が交渉に応じなかった場合の奥の手を持っているかどうかということです。

 

弁護士のホームページのココを見よう

最低限、その法律事務所のホームページを見て、「ヤミ金対応」「闇金問題」という項目があることは確認しましょう。

 

闇金に強い弁護士の奥の手について

 

例えば、闇金の商売道具である身元の分からない携帯電話(トバシ携帯)を強制解約したり、トバシ口座を凍結したりという手段を持っていれば、闇金としてはその弁護士と争うことで商売道具を失うことになります。

 

また、弁護士が警察とのつながりを持っており、一般人では難しい刑事告訴受理をスムーズに行えるという強みを持っていれば、闇金業者は争うことで逮捕される恐れが強まります。

 

そういった奥の手を持っていることが、闇金業者が「この弁護士が関わった客は割りに合わないから手放すか」という判断をする後押しになります。

 

闇金対応を日ごろから積極的に受け付けていること

 

闇金対応の経験があるだけでは、闇金対応を依頼する弁護士としては少し不安が残ります。

 

何故なら、闇金の手口は時代と共に変わっており、2017年の闇金業者はSNSなどのITを取り入れています。

 

この様な闇金の手口の「トレンド」を理解していないと、弁護士も被害者の状況の理解が出来ない可能性があります。特に高齢な弁護士だとITの説明だけでも大変です。

 

かわって、現役で闇金対応を毎日受任している弁護士であれば、どんな手口が増えているのかも把握していますので、被害者の話を聞いただけで、直ぐにピンと来て状況を素早く理解してもらえます。

 

2017年の闇金はITツールを使う

 

例えば2017年時点では、闇金業者はホームページを使った集客を主に行っています。

 

LINEやTwitterでやり取りをする闇金も増えており、Facebookから顧客の個人情報を探るなどITを良く使います。
この様な背景を把握し素早く対処する為にも、ブランクが無く、今も現役で毎日闇金対応を行っているか?という点は重要な要素です。

 

 

アフターフォローがあること

 

弁護士が介入して闇金業者が依頼者から離れたあと、闇金業者が半年、1年ほどして再び近づいてくることがあります。
これは、弁護士が離れた頃を見計らって、再び融資を誘ったり、元利金を取り立てようという闇金業者の魂胆があります。

 

しかし、その弁護士がアフターフォローをしてくれるのであれば、同じ闇金業者が近づいてきた場合にも無償で対応をしています。

 

 

費用が明確で分割払いが出来ること

 

「○万円と書いていても、それは着手金のみの料金で、別途費用がかかることを後から知った・・・」

 

と弁護士の費用については分かりにくい所が多いです。

 

闇金1社の解決までの費用が幾らなのか?を明記している弁護士を選ぶ様にしましょう。

 

闇金1社の解決費用の総額が5万円〜8万円程度が相場になっています。

 

分割支払いについて

 

闇金の被害者は闇金からお金を巻き上げられてしまっており、支払いが困難なケースがほとんどです。
そのため、闇金を専門的に扱っている法律事務所では分割支払いに対応しています。

 

事務所によっては一括前払いのところもあるので、注意しましょう。

 

元金の返済不要

 

闇金から借りたお金は元本を含めて返す必要がありません。

 

この点も、ガンとした姿勢で立ち向かい交渉してくれる弁護士を選びましょう。

 

※注意 借りパク行為について

元本を返さなくても良いという事情を逆手にとって闇金からお金を騙し取ろうとする方が居ます。
その場合は闇金を酷く怒らせる可能性もあり大変危険です。また法律事務所によっては対応を受け付けてくれないこともあるので絶対におやめ下さい。

 

 

電話で無料相談を受けてくれること

 

一般的な弁護士事務所では電話では一切の相談を受けておらず、面談でのみ相談を受け付けています。

 

面談の相談費用は30分で5,000円が相場です。

 

しかし、闇金対応は一分一秒を争うものなので、悠長に面談の予約をとって相談をしていたのでは間に合いません。

 

闇金に強い弁護士はその事を分かっているので、電話である程度の相談に乗ってもらえます。

 

あなたが気になる法律事務所を見つけて「まずは面談の予約を取って下さい」という機械的な対応をされたとしたら、その法律事務所は闇金対応への理解が足りない可能性が高いです。

 

↑もくじへ戻る↑

 

闇金対応は弁護士選びで全てが決まる

 

弁護士選びで失敗した事例:闇金被害者の体験談

見てくださってありがとうございます。
私は、ヤミ金から1ヶ月前に借りてしまいました。
支払日に、返済が出来ずその日は督促の電話が酷かったです。
次の日、警察と弁護士に相談に行き、警察から電話してもらい弁護士にも電話をしてもらったのですが、相手は話すら聞いてなく一方的に怒鳴って切ってしまったようです。
その日は、相手から連絡も来ず、分かってくれたのかと思ったら…次の日から嫌がらせが始まりました。
ピザ屋と寿司屋、葬儀屋、花屋さんが葬儀用の花を作って持ってきました。三日間で、20社程来ました。
口座も、そのヤミ金に止められました。本当に辛いし怖いです。

 

弁護士が言うには、元金の倍以上の利息を払っているから、それ以上返さなくていいとのことなのですが…

 

この嫌がらせは、いつまで続くのでしょうか。
嫌がらせを辞める方法はないのでしょうか…。

 

弁護士は、ただ諦めるのを待つしかないと言っていました。
本当にそれしか方法はないのでしょうか?

 

http://mikle.jp/threadres/1969322/より引用

 

このケースの場合、明らかに弁護士の力不足です。

 

闇金対応を得意としている弁護士であれば、嫌がらせが収まるまで何度も圧力をかけます。

 

この様な事態にならない為にも、闇金に強い弁護士に依頼をしましょう。

 

 

弁護士選びで失敗しない為にココを見る!

 

大事なのはその弁護士が、闇金に強いのか?ということなので「家から近いから」という基準で弁護士を選んでしまうと、「嫌がらせは我慢して下さい」という闇金対応の出来ない弁護士に当たってしまう可能性が高くなります。

 

「その弁護士は闇金に強いのか?」「ノウハウは持っているのか?」を基準に弁護士を選ぶことで、弁護士選びで失敗するのを避けられます。

 

相談から依頼の手順は?

 

面談式の弁護士の場合

面談式の弁護士の場合は、面談の予約をとって、現地に行き弁護士と相談をして、その後に正式に受任の契約をすることになります。

 

全国対応の闇金に強い弁護士

全国対応の闇金に強い弁護士の場合、まずは無料の電話相談を行います。

 

その後、弁護士から対応方法について説明がありますので、納得した場合はその場で依頼することが出来ます。

 

 

全国対応って大丈夫なの?

 

電話だけで依頼まで出来てしまう弁護士に戸惑われるかも知れませんが、むしろ全国対応の弁護士を活用するべきです。

 

何故なら、2017年時点では090金融という携帯電話だけで営業をしている店舗を持たないタイプの闇金業者9割以上を占めています。

 

今の闇金業者は、そもそもどの都道府県に潜んでいるか分かりません。

 

受任した弁護士と闇金の潜む都道府県は異なっていて当たり前という状況です。

 

「顔が見えない」という点で不安はあるかも知れませんが「大事なものを闇金によって失う前に」という目的を果たす上で、電話対応だけで依頼のできる弁護士は無難な選択です。

 

 

闇金対応は司法書士でも大丈夫?

 

司法書士でも問題ありません。

 

大事なのは「闇金に強いのか?」「闇金に対してノウハウを持っているのか?」ということです。

 

弁護士か司法書士かは重要ではありません。

 

「闇金対応の経験が無い弁護士」と「闇金対応の経験やノウハウを持っている司法書士」が居た場合、「闇金対応の経験やノウハウを持っている司法書士」に依頼をするべきです。

 

弁護士を途中で変えることは出来るのか?

 

可能です。

 

「依頼した弁護士が闇金に対して対応をしてくれない」「頼りない」という場合はその弁護士を解任したあとで、新しく闇金に強い弁護士を探して依頼することが出来ます。

 

注意点、自分にとって不利なことでも全て話しておいた方が良い

 

例えば、闇金の指示でスマホを契約して渡してしまっている場合、携帯電話会社に対しての支払いが困難であれば別途手続きが必要になります。場合によっては支払いが無効になることもあります。

 

また、闇金業者は裏で繋がっていることが多く、「1業者だけ後で借りる為に残しておこう」と弁護士に黙っていた場合に話がこじれてしまうことがあります。

 

言っておかないと後々損をするものも多いので、自分に不利なことも弁護士に積極的に聞いてもらう様に心がけましょう。

 

弁護士は誰かに告げ口することは無い

 

弁護士や司法書士には守秘義務があるので、依頼者の相談内容を他言することはありません。

 

たとえ、闇金に犯罪の手伝いをさせられてしまっていたとしても、法律家から警察に刑事告発するというケースはほとんどありません。

 

殺人などの重罪でない限り、警察への告げ口も守秘義務違反にあたる為です。

 

弁護士に、どんなことを聞かれる?用意しておいた方が良いものはある?

 

  • 闇金業者の名前
  • 闇金業者の電話番号
  • 関わっている業者の数
  • 最初に借りた金額(元本)
  • 全部で幾ら返しているのか
  • スマホやipadなどを契約して郵送している?
  • 話してしまった緊急連絡先は何件ある?またどんな職業の人か?
  • 家族に内緒にしたいか

 

 

この様なメモを取っていなくても、法律事務所のスタッフが適切に質問をして整理をしてもらえます。

 

ただ、優秀な弁護士であれば依頼者がどうしたいのか?という点を加味して対応してもらえます。

 

上記の内容を自分で整理しておくと「自分がどうしたいのか?」をすらすら伝えられるため、対応が若干スムーズになるはずです。

闇金相談に強い弁護士の選び方|失敗例を参考に被害解決までの手順やコツ


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金相談に強い弁護士の選び方|失敗例を参考に被害解決までの手順やコツ


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金被害投稿フォーム

↑詳細はタップ↑


闇金情報の提供にご協力をお願い致します。