闇金から殺される人は居るの?2017年の最新事情について

闇金から殺される人は居るの?2017年の最新事情について

闇金から殺される?2017年の最新事情について

闇金 恐怖を感じる

 

闇金から脅迫され、『いずれ殺されるのではないか』という被害者からの相談が法律事務所では多いです。

 

そして、闇金は本当に債務者を「殺す」という事態に発展することがあるのか?について解説しています。

 

闇金が「殺す」という行為に至る可能性はとても低い

 

闇金の目的は金を支払わせることです。

 

簡単に言うと、ものすごく怖い思いをさせて、

 

「こんなに怖い思いをするくらいならお金を払ってしまおう」という気持ちに追い込むのが、闇金業者の狙いなのです。

 

闇金も身元が分かると嫌なので身バレする様な危険は犯せない

090金融

 

最近の闇金業者はケータイ電話のみで営業している090金融が主流になっています。

 

彼らはトバシの携帯とトバシの口座で身元を隠して営業をしています。

 

その為、実際に自分自身が債務者の元にわざわざ「殺しに行く」という行為は闇金にとってもリスクが大きいのです。

 

よって、実際に「殺される」という事態になる可能性は少ないと言えます。

 

ただし 必ずしも安全とは言えない

油断は禁物

 

闇金業者と関わった期間が長いほど、債務者は社会復帰までの壁が高くなってしまいます。

 

闇金業者から受ける損害について
  • 口座が凍結し、更に口座が開設できなくなる
  • 口座を脅し取られ警察に逮捕されるリスクを抱えてしまう
  • スマホを契約して郵送させられ詐欺罪に問われてしまう
  • 会社に取り立てが及ぶと職を失う可能性が高い
  • 家族や家族の職場にも取り立てが及ぶ可能性がある
  • 身内からの信頼を失う
  • 身内が損害を被る
  • 家を法的に闇金に取られることもある

 

以上の様に、闇金の言いなりになることで受ける損害は計り知れません。

 

その為、闇金の言いなりになると、どんどん悪い方向へ進んでしまいます。

 

例えば、口座やスマホを送付してしまった方は、違法な行為をしたことになってしまいます。

 

脅されてやったことなのにも関わらず、警察から逮捕されてしまう悲しい事態になることもあるのです。

 

もし、口座やスマホを既に渡してしまったという方は、

 

適切な対応を進めていくことで悪い方向に向かうのを防ぐことが出来ます。

 

以下の記事を参考にして下さい。

 

⇒口座を郵送してしまったら

⇒スマホを郵送してしまったら

 

 

近くの債務者を使って張り紙やノックをしてくることもある

玄関

 

闇金が直接債務者の家に来る可能性はかなり少ないです。

 

その代わりに、被害者の近くに住む別の債務者を使って
張り紙をしたり、ノックをしたりといった圧力をかけてくることがあります。

 

闇金の債務者というのはかなり追い詰められており、精神的にも錯乱しています。

 

なので、自宅に闇金が来ないから絶対に安全だとは言えないのです。

 

それでも、とにかく闇金の言いなりにはならないこと

言いなりにならないこと

 

闇金業者は被害者から搾り取れるものは何でも絞りとってやろうと思っています。

 

「約束を破る方が悪いんじゃないのか?」
「借りたものを返さないなんて不義理だ」

 

などと、まるで被害者が間違ったことをしている様に罵声を浴びせます。

 

しかし、闇金の金利は最初から被害者が払えなくなる様に出来ています。

 

払えなくなるのは、遅いか早いかの違いで、払えなくなって当然なのです。

 

「あー自分が悪いことをしたんだ」
「自分はダメなんだ」

 

などと思ってしまうと闇金の思うツボです。

 

「自分が悪いことをしたのだから、闇金業者に少しでも罪滅ぼしをしよう」

 

という心理状態に陥らせて、払える限りの金を払わせる、家族からも払わせる。

 

お金が無ければ口座やスマホを送らせる。

 

と言うのが彼らが描いているシナリオです。

 

 

あなたは悪くありません。

 

ただの被害者です。

 

自信を持ってください。

 

その気持ちを持って行動を起こすことが、闇金問題を解決するうえで大切です。

 

大事なのは「コイツは脅しても金が取れない」と思わせること

 

闇金が脅迫をするのは「脅すことで金が取れる」という見込みがあるからです。

 

闇金を諦めさせるコツは、「脅してもコイツからは金は取れない」と思わせることです。

 

しかし、一般人が闇金業者に宣戦布告をするのは危険です。

 

無責任に、闇金に対して戦うことを推奨するネットの書き込みもありますが、

 

闇金に対して一般人が宣戦布告をしてしまうと闇金業者を逆上させてしまう可能性が高いです。

 

そうなると、職場や身内への嫌がらせというマイナスに繋がってしまいます。

 

では、どうしろというのか?

 

言うことを聞いている振りをしながら、正しい相手に相談をする。

 

というのが最も損をさせられずに解決に繋がる行動だと言えます。

 

そして、正しい相手とは誰か?

 

それは専門の弁護士司法書士などの法律家です。

 

弁護士や司法書士が介入しさえすれば、後は毅然とした態度で対応して下さい。

 

弁護士、司法書士が介入した後は電話は全て無視して問題ありません。

 

連絡をするのは法律家だけ

 

後は『ガンとして電話には出ない』『ラインやメールも返さない』

 

と言うのが闇金業者に対して見せる、抵抗の姿勢になります。

 

 

早めに適切な行動を起こしましょう。

 

「闇金から殺されるのでは?」と検索する方に向けてこの記事を書いています。

 

その様にプレッシャーを感じているのは、闇金に洗脳されかけてしまっている、1つのサインと言えます。

 

手遅れになってしまうと、闇金から思考だけでなく人生を乗っ取られてしまいます。

 

どうしてもネガティブに考えてしまう状況かとは思われますが、まずは専門の弁護士・司法書士に無料の相談だけでもしてみて下さい。

 

「あっ、こんなに簡単なことだったんだ」と思うことで、少なくとも闇金の操り人形になるのは避けられます。

闇金に強い弁護士・司法書士が

無料で電話相談を受けています。


闇金の取り立て対策!弁護士の無料相談窓口(電話・メールOK)

↑無料電話相談はコチラをタップ↑