闇金との元金和解交渉について|自分でやるか弁護士に相談するかの違い

闇金との元金和解交渉について|自分でやるか弁護士に相談するかの違い

闇金との元金和解交渉について|自分でやるか弁護士に相談するかの違い

闇金の元金和解交渉

 

闇金との元金和解交渉について、

 

自分でやるか?弁護士に相談するべきか?

 

という点についてまとめました。

 

「それぞれのデメリット・メリット」「自分で行うことのリスク」についてもまとめています。

 

参考になれば幸いです。

 

 

闇金との元金和解交渉とは

 

闇金との元金の和解交渉とは、闇金の返済が出来なくなり、和解を承諾してもらう交渉のことです。

 

このときに元金だけを返済することで、今後の利息、取り立て、嫌がらせを停止してもらいます。

 

闇金業者から和解が提案されることもあります。

 

元金の和解交渉はどんな時に行うもの?

元金の和解交渉はどんな時にするの?

 

  • 闇金から借りたものの、想像以上の高利で支払うことが出来ないとき
  • 本人に対する取り立てや嫌がらせに限界を感じたとき
  • 勤務先や実家への嫌がらせを停止して欲しいとき

 

闇金から今以上の被害の拡大を防ぐ為に、和解の交渉は行われます。

 

個人が自分で和解交渉をするリスクを知っておこう

リスク

ネットで流行っている元金和解交渉のやり方

以下の手順で闇金に話し説得する
  1. 闇金からの借り入れが7社〜10社ある。
  2. 会社や家族への連絡や嫌がらせが生じたことから、弁護士を介入することになった。
  3. 1社ずつ弁護士が対応しているが、御社にだけは元本だけでも返したいと思っている。
  4. 和解をして頂けないでしょうか。

 

自分で行う元金和解交渉の要点

 

闇金に対して嘘を突き通すこと

 

その上で借りた元金だけ受け取って取り立て・利息を停止する様に説得をする

 

元金が払えない場合

 

元金が一括で返済できない場合には、毎月の分割払いでの返済を交渉します。

 

自分で和解交渉するリスク

 

嘘を織り交ぜた闇金との交渉は簡単ではありません。

闇金は嘘のプロ

 

あまり褒められたものではありませんが、闇金業者は口の上手さでご飯を食べている、嘘と交渉のプロです。

 

闇金業者が日ごろから行っていること

 

優しい口調で、危険なものを危険でないかの様に感じさせて新規の借り手を獲得する。

顧客に有りもしない恐怖を植えつけて、口座を郵送させるなど軽犯罪に巻き込んで、警察にも相談することが出来ない心理状態に追い込む。

 

この様な、嘘と口の上手さでご飯を食べている連中に対して、日ごろ真面目に生きている人間が同じステージに立ってまともに交渉を成功させることが出来るかというと、100人中100人が成功できるとは言いがたいです。

 

自分で行う交渉は失敗した時のリスクが大きいです

 

嘘がバレてしまった場合には嫌がらせがエスカレートする可能性もある為、注意が必要です。

 

個人では闇金が「引いた方が得だ」と思う交渉材料が少ない

闇金業者は個人との約束を破る可能性が高い

 

個人と弁護士を比較してみます。

 

まず、闇金に強い弁護士が、何故闇金との交渉を成功させられるのか?

 

それは、闇金業者が引いた方が得だからです。

 

闇金の交渉が上手い弁護士は、警察との繋がり、闇金の商売道具であるトバシの携帯、トバシの口座を強制解約、強制凍結することで使えなくする術も持っています。

 

※トバシとは、身元が分からない様にしたもののこと。

 

闇金に強い弁護士

 

また、一般の方が警察に駆け込むのと違って、弁護士や司法書士は警察をスムーズに動かす知識と独自の人脈を持っています。

 

よって、闇金業者に致命的なダメージを与えることが出来ます。

 

その結果、「面倒な1人の顧客を深追いするよりも、次ぎの顧客を探した方が得だな」という判断をして、闇金業者は顧客から離れます。

 

個人では、闇金業者に対して「引いた方が得だな」と思わせるだけの交渉材料がありません。
むしろ、「勤務先や実家の連絡先」という弱みを握られている状態なので、対等以上の関係になることは難しいです。

 

弁護士は元本返済不要だが時に和解することもある

弁護士

法的には闇金の借金は返済する必要がありません。

 

その為、闇金に強い弁護士であれば、元本返済をしない方針で交渉をします。

 

しかし、極端な例ではありますが、闇金から100万円借りた直後に弁護士を介入させる「最初から返すつもりが無いのに金を騙し取るつもりで借りた」と詐欺の疑いをかけられることがあります。

 

それでも、元本返済をしない対応は可能ですが、無理に交渉を続けると嫌がらせが一時的に激しくなることがあります。

 

公務員や上場企業の方は、この一時的な嫌がらせさえも昇進に響きますから、あえて元本返済だけはして和解する交渉を行うこともあります。

 

弁護士・司法書士には個性があります

 

元本が絶対に返さない!と闇金に対してケンカ腰で業者を潰していくスタイルの法律家も居れば、上記の様な硬軟織り交ぜた対応が可能な法律家も居ます。

 

弁護士の介入を検討している方は、事前に法律事務所が開放している無料相談をつかって、その事務所が自分に合った方針かどうかを確認しておきましょう。

 

弁護士にも得意不得意があるので、闇金に強い弁護士を選びましょう

 

闇金対応に慣れてない弁護士に対応を依頼してしまうと結果は悲惨です。

 

弁護士が闇金の言うなりになって最初から元本返済をする様に顧客に指示する者も居ます。顧客が放置されてしまうことも珍しくありません。

 

個人でやるべきか弁護士に相談するべきか

 

個人の場合

 

個人で交渉するメリット

 

弁護士費用がかからない

 

個人で交渉するデメリット

 

  • 元本のお金がかかる
  • 失敗する可能性が高い
  • 失敗して闇金を怒らせるリスクが高い
  • 一時的に成功したとしても闇金が約束を破る可能性がある

 

弁護士の場合

 

弁護士を通して交渉するデメリット

 

弁護士費用が5万円程度かかる

 

弁護士を通して交渉するメリット

 

  • 元本は払わなくて良い
  • 失敗する可能性が低い
  • アフターフォローがあれば、闇金が離れるまで対応してくれる
  • 職場へフォローの電話をしてくれることもある

 

 

もし元本が5万円であれば、弁護士も闇金業者もコストは変わらないことになります。

 

個人の場合は成功する確証が無いことと、闇金業者は約束を破っても何も怖いものがありません。

 

その為、交渉後に分割して元本を支払う中で再び元の利息を要求されてしまう可能性があります。

 

交渉した後のことを考えると闇金に強い弁護士が安心です

 

交渉したその後のことを考えると、闇金に強い弁護士に依頼をした方が不安を感じずに過ごすことが出来ます。

 

窓口を無料で開放している所もあるので、まずは無料相談だけでも使ってみては如何でしょう。

闇金との元金和解交渉について|自分でやるか弁護士に相談するかの違い


闇金に強い弁護士の無料の相談窓口です。(24時間)


闇金との元金和解交渉について|自分でやるか弁護士に相談するかの違い


↑無料の電話相談はこちらから↑

闇金との元金和解交渉について|自分でやるか弁護士に相談するかの違い


闇金情報のシェア等にお役立て下さい。